作業効率化・ツール

PS Auto Sitemapのプラグイン設定方法と使い方

投稿日:

PS Auto Sitemapのプラグイン設定方法

ワードプレスプラグインのPS Auto Sitemap(ピーエスオートサイトマップ)はサイトマップを自動表示します。

サイト内のページが一覧表示されますので、ユーザビリティが良くオススメするプラグインの一つです。

PS Auto Sitemapは自動生成ですので、ページを新規追加や削除した場合も自動調整してくれます。

ではPS Auto Sitemapのインストールや設定方法・使い方についてご紹介します。

 

PS Auto Sitemapのインストール方法

まずはワードプレス管理画面からPS Auto Sitemapをインストールして有効化します。

step
1
新規追加から探す

ワードプレス管理画面の「プラグイン」から「新規追加」を選択。

プラグインから新規追加

step
2
PS Auto Sitemapを検索する

PS Auto Sitemapを検索

左上の検索窓から「PS Auto Sitemap」の名前をコピーペーストして検索。
PS Auto Sitemapを選択

step
3
インストールして有効化

PS Auto Sitemapがインストールして有効化をクリック。

この「有効化」をクリックするとワードプレスのインストールが完了します。

 

PS Auto Sitemapの設定方法

インストールが完了しましたらページ設定から始めます。

2種類の設定方法があり、ページを作る事とワードプレス内の表示設定を行っていきます。

まずサイトマップページの作成から始めましょう。

サイトマップページの設定

固定ページで作成します。(投稿ページではありません)

step
1
固定ページで新規追加

ワードプレス管理画面から「固定ページ」から「新規ページ」を選択。
新規ページを選択

step
2
タイトルと本文を設定

投稿画面に出たらテキストエディタを選択します。

テキストエディタを選択

ページタイトル

ページタイトルの部分は「サイトマップ」と掲載してください。

ページタイトル

本文(コンテンツ部分)

本文の部分は下記コードをそのままコピーペーストしてください。

※このコードは(ワードプレス管理画面の「設定」⇒「PS Auto Sitemap」設定ページに掲載されています。

step
3
公開をクリックして終了

タイトルと本文の設定が終わったらOKです。

ページURL

またURL名は自由ですが「sitemap」と入れる方が多いようです。

公開する

そして「公開」をクリックして終了です。

step
4
URLの数字を控えておく

URLの数字を控える
http://●●/wp-admin/post.php?post=16&action=edit

今回の事例では「16」番になっています。この「16」のメモしましょう。
※数字はその時によって違います。
この数字はPS Auto Sitemapプラグインで別途、設定するので必要になります。

 

PS Auto Sitemapのプラグイン設定

サイトマップページを作成しましたら次はプラグインの方を設定です。
PS Auto Sitemapで詳細設定をします。

step
1
PS Auto Sitemapの管理画面を出す

ワードプレス管理画面のサイドバーメニュー「設定」からPS Auto Sitemapをクリック。

そうするとPS Auto Sitemapのプラグイン管理画面が表示されます。

step
2
詳細の設定をします

ホームページの出力

サイトマップの一番上にトップページを掲載するか?の選択です。

投稿リストの出力

投稿ページ一覧の表示選択です。

スポンサードリンク

固定ページリストの出力

固定ページ一覧の表示です。

サイトマップを表示する記事

ここに先ほど控えた数字を入力します。

※数字を入れないと表示されません。

出力階層制限

第1階層から10階層まで選択できます。
(親カテゴリ・子カテゴリ・孫カテゴリ・ひ孫カテゴリ)
2階層=カテゴリ
3階層=子カテゴリ
基本的は制限なしを選びます。

先に出力するリスト

投稿ページ一覧と固定ページ一覧のどちらかを上に表示するか選択できます。

カテゴリーと投稿の表示

同一マップ内に表示するか投稿を分割するかの選択ができます。

【除外設定】

一般的には公開制限しているページや、非公開のランディングページ、購入や申し込み後のサンクスページなどが該当します。
また不特定多数の方に見てもらいたくないページやカテゴリなどの選択です。

除外カテゴリ

サイトマップに掲載しないカテゴリを選択できます。
選択したカテゴリはサイトマップ一覧に表示されません。
例) 19,58,183

除外記事

同じくページ単位で掲載しないページを選択できます。
例) 19,58,183

【デザイン設定】

スタイルの変更

サイトマップのデザインを選べます。
以下の中から選択できるようになっています。

キャッシュの使用

出力データをキャッシュするかの設定です。
過去のキャッシュを利用して表示を早めるか?などの意味合いです。

宮武
他のキャッシュ系プラグイン(W3 Total Cacheやwp Super Cacheなど)がある場合は競合して、干渉エラーがある場合は外しておきましょう。

step
3
変更を保存して終了

各設定が終わりましたら「変更を保存」で設定は完了です。

step
4
URLをクリックして確認

自分で設定したURLにアクセスしてみましょう。
固定ページで設定したURLをクリックすると表示されるはずです。

当サイトではサイトマップはこのようになっています。
ウォーカーネットのサイトマップページ

 

PS Auto Sitemapを扱う時の注意点

PS Auto Sitemapのプラグイン表示によって少しサイト表示スピードが遅くなることも。

SEO対策の一つ、サイト表示速度の関係で少し遅くなります。
ちょっとだけ変わる程度ですが、少し遅くなります。

このサイトで表示速度は計測できます。

Google提供のページ速度計測サイト
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

数値にすると3~5程度。
この速度の変化をどう見るか?
ユーザビリティを選択するか、SEO対策を選択するか?を選びましょう。

 

サイトマップ表示が出来ないよくある事例

ここまで設定したけど、サイトマップページが表示されないという事があるようです。
表示されない要因として調べた結果、以下の要因が考えられます。

 

ID番号が間違えている、入力していない

サイトマップはページ出力の数字を入れる事によって自動でページ内容を読み込みます。
この数字が間違えていたら表示されません。
数字

先ほどのマニュアルを確認して数字が間違えていないか確認しましょう。
 

固定投稿ページのエディタ設定の違い

まれにあるのがエディタ設定が間違えている場合です。
投稿ページはビジュアルエディタとテキストエディタの2種類があります。
テキストエディタ

今回はテキストエディタでコピーペーストしないと表示されません。
こちらも確認しましょう。

 

サイトマップURLが重複している

今回のPS Auto Sitemapで設定したサイトマップURLがすでに使われている場合は、ページURL重複になってしまい表示されません。

基本的に同じサイトURLは先にインデックスされた方のみ表示されます。

Google xml sitemapsと同じURL

よくある事例がGoogle xml sitemapsを先に設定しているケースです。

この場合は後に設定した方のURLを何でも良いので違うURLに変えましょう。

 

まとめ

まとめ

PS Auto Sitemapはユーザビリティ向上を求める方は設置する方が良いでしょう。
各タイトルタグの見直しやSEO対策の重複を調べる時にも使えます。

また検索エンジンに向けたサイトマップは「Google XML Sitemaps」というプラグインがある事も知っておきましょう。
ただページ速度が気になる方はGoogle XML Sitemapsのみで対応しましょう。

サイトマップの重要性については下記を参照ください

 

  • この記事を書いた人

宮武大輔

ウォーカーネット運営責任者。株式会社フルスペック代表取締役。2012年にSEO・WEB集客・サイトアフィリエイトで起業。現在も複数メディアサイト運営&SEO・MEO対策、ネット集客、マーケティング受注やコンサルティングしている。 詳しくはこちらをクリック→宮武のネット集客・マーケティング配信

-作業効率化・ツール

Copyright© ウォーカーネット , 2019 All Rights Reserved.