作業効率化・ツール

グーグルchromeの拡張機能「Page Analytics」でリンク計測をしよう

投稿日:2019年7月9日 更新日:

スポンサーリンク

-------

Page Analyticsの使い方
ウェブサイト内のリンクが「どれだけクリックされているか」計測していますか?
一般的にタグマネージャーを使って内部リンクのクリック解析する方法などあります。

しかしグーグルchromeの拡張機能「Page Analytics」を使って簡単にクリック計測が出来ます。

宮武
もしタグマネージャー設定などが面倒な方、パソコン操作に詳しくない人はPage Analyticsと使ってみると良いと思います。

(※アクセス解析ツールのGoogleアナリティクスは事前に設置しておく必要があります。)

Page Analyticsを使うメリット

  • どこのリンクがクリックされているか判別できる
  • 人気のあるぺージと人気がないページが客観的に解る
  • インストールが簡単でパソコンに詳しくない人でもできる
  • クリック数とクリック率が数字データで可視化できる
  • アナリティクスとデータが連動している

Page Analyticsのメリットとして、拡張機能なので「chromeに追加」をクリックするだけで完了です。

ウェブサイト内のクリック状況を把握する事は行うべきSEO対策の一つです。
ではグーグルchromeの拡張機能「Page Analytics」のインストールと使い方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

-------

 

Page Analyticsをクロームにインストールする

ブラウザはchromeを使います。

まだ利用していない方はまずchromeを使いましょう。
→chromeブラウザダウンロード

では実際にインストールしていきます。
 

step
1
chromeのウェブストアにアクセス

Page Analyticsのインストール方法はchromeのウェブストアから可能です。
下記リンクよりインストールしてください。
→Page Analytics (by Google)インストールページ

 

step
2
「Chromeに追加」をクリック

chromeに追加しましょう。

Chromeに追加をクリック

同じく「拡張機能を追加」をクリックします。

拡張機能を追加

 

step
3
インストール完了です

これでchromeにPage Analyticsが追加されました。

Page Analyticsが追加
ツールバーにアナリティクスのロゴが加われば完了です。
簡単ですよね。

 

実際にPage Analyticsを使ってクリック状況を確認

Page Analyticsの機能をONにすると使えます。

chromeの上部ツールバーの右上にアナリティクスのロゴがあります。

アナリティクスのロゴ

クリックすると「ON」になります。
ONになると自動的にクリックデータが表示される感じです。
アナリティクスのデータと連動されています。

オレンジ色の数字がクリック率ですね。

クリック率1

クリック率2

キャプチャ画像では見えにくいですが、各種リンクのクリック率が表示されています。
 

カーソルをあてるとクリック数も表示されます。

クリック数

クリック表示データの注意点

※注意点として覚えておく事は「リンク先URLの全体のクリック率が表示されます。
同ページに同じリンク先URLが複数設置していた場合は、統合された数字になります。

あくまで「当ページからユーザーが誘導した数字」になり、リンク先URLが複数あってそれぞれクリックしたとしても数字は統一されます。

 

表示する数字の範囲も選択できます。

クリック率の表記設定を変更すれば、その数字に達したリンクだけ表示することも出来ます。
例)2.00%を選択すると、ページ上で2%以上クリックされているリンクだけが数字表示されます。
クリック数の表示

 

上部の数字データも期間計測できます。

アナリティクスデータ
アナリティクスの「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」のデータが表示されています。

  • pabeviews=ページビュー
  • Unique pabeviews=ページ訪問数
  • Avg.Time on Page=平均ページ滞在時間
  • Bounce Rate=直帰率
  • Exit=離脱率

もちろんアナリティクスと同じく掲載期間の設定もできます。
Googleアナリティクスの管理画面と一緒にサイト解析していきましょう。

スポンサーリンク

----

 

まとめ クリック率は定期的に調べること

Page Analyticsのまとめ

グーグルchromeの拡張機能Page Analyticsを使ってサイト内リンクのクリック率や数を調べる事ができます。

簡易的なクリック計測はPage Analyticsで十分かと思います。

リンク計測をする事によって、ユーザー動向が把握できます。

宮武
グローバルメニューやッターリンクの動向もチェックしますが、やはりコンテンツエリアやサイドバーのクリック率は大事です。

アンカーテキストやバナーの内容を変えてみたらクリックが上がった。
またURLを設置する場所を変えたら反応が変わる事も少なくありません。

以下の方法で改善してみましょう。

主なリンクのクリック率の改善内容

  • リンクの場所を変える
  • アンカーテキストを変えてみる
  • バナーの内容を変えてみる
  • バナーとテキストの種類を変えてみる
  • 違うURLのリンクと差し替える
宮武
SEO対策でも、クリックされるリンクはSEO評価でも効果を発揮します。

リンクを設置するなら、クリックされる事を想定して行うこと。
そしてサービスや運営目的に直結するリンクや、ユーザー誘導するつもりの設置リンクの場合は定期的に改善していきましょう。

これからの時代の検索エンジン集客について


 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

宮武大輔

ウォーカーネット運営責任者。株式会社フルスペック代表取締役。2012年にSEO・WEB集客・サイトアフィリエイトで起業。現在も複数メディアサイト運営&SEO・MEO対策、ネット集客、マーケティング受注やコンサルティングしている。 詳しくはこちらをクリック→宮武のネット集客・マーケティング配信

-作業効率化・ツール

Copyright© ウォーカーネット , 2019 All Rights Reserved.