作業効率化・ツール

文章の「半角⇔全角」「大文字⇔小文字」「頭文字だけ大文字にする」を自動変換で行う方法

投稿日:

文字の自動変換
執筆した文章、また納品された文章の「半角⇔全角」「大文字⇔小文字」「頭文字だけ大文字にする」などの文字種変換は自動変換がオススメです。

「文字種変換=文字の種類を変換すること」

この機能を知っておくと便利ですし、なんといっても作業効率化が図れます。

自分で書いた記事の見直し

自分で書いた記事の校正でも使えます。

納品された記事の校正

ライターさんの納品記事は、まれに数字の半角/全角や大文字/小文字が統一されていなかったりします。

宮武
特に2次情報の記事作成の場合、複数のサイトを見本に執筆する事もあり、単語設定がバラバラの事も。

そんな時にワードの一括置換を活用してみましょう。

 

MicrosoftのWordで変換する

まずはマイクロオフィスのワードです。
Microsoft Word
ワードの文字種変換ですが、以下の内容が可能です。
変換内容もたくさんあり簡単です。

変換できる内容

  • 文の先頭文字を大文字にする
  • すべて小文字にする
  • すべて小文字にする
  • 各単語の先頭文字を大文字にする
  • 大文字と小文字を入れ替える
  • 半角
  • 全角
  • カタカタ
  • ひらがな

文字種変換の実際の手順

  1. ワードを立ち上げ、文章をペーストする
  2. 対象となる文章を選択
  3. 「ホーム」から「Aa」の部分を選択
  4. 行いたい文字種変換を選択してクリックすると変換されます。

ワードの文字種変換の実際の手順
操作はこれだけです。
以上でワードでの文字種変換が完了です。

 

Googleドキュメントで変換する

個人的には文章作成もグーグルドキュメントで行ない、そのまま校正できるので使っています。
Googleドキュメント

宮武
私は文章作成を音声入力で行う事もあり、その場合はこの機能は重宝しています。

文章の作成を音声入力で行う方法はこちらに掲載しています。

文章校正はこちらの機能が利用できます。

スポンサードリンク

変換できる内容

  • 小文字に変換
  • 大文字に変換
  • 語頭を大文字にする

文字種変換の実際の手順

  1. Googleドキュメントを立ち上げ、文章をペーストする
  2. 対象となる文章を選択
  3. 「表示形成」から「テキスト」⇒「大文字表記」から「小文字・大文字・語頭を大文字」のいずれかを選択
  4. 行いたい文字種変換を選択してクリックすると変換されます。

Googleドキュメント文字種変換の実際の手順
ワードよりも希望は少ないですが、実際に使う機能がGoogleドキュメントで事足りる感じです。

 

文字種変換の際の注意点

考えられる注意手やトラブルとして、基本的に自動変換ですので、対象範囲の全てを変換します。
もし部分的に変換する場合は、対象範囲を選択しましょう。

間違えたら「Ctrl」+「Z」で戻る

また実際に文字種変換してみたら、イメージと違った場合は、キーボードの「Ctrl」+「Z」を同時にクリックすると一つ前に戻ります。
間違ってワードを上書き保存しなければ、戻れば元に戻ります。

 

その他の各種ツール

MicrosoftワードやGoogleドキュメントの他に、文字種変換出来るツールもありますので参考にしてください。

「大文字小文字変換ツール」
http://online-tool.net/tool/lower_upper_convert/result/
大文字と小文字の変換のみ可能なツールです。

「テキスト処理ツール」
https://so-zou.jp/web-app/text/fullwidth-halfwidth/
数字と文字の全角・半角変換ツールです。

「半角全角やエンコード・デコード・英語小文字大文字変換ツール」
https://www.muryou-tools.com/moji/
その名の通り、半角全角やエンコード・デコード・英語小文字大文字まで変換できます。

個人的にはワードとドキュメントを使っていますが、もし立ち上げや操作が面倒な場合は使ってみてください。

 

まとめ

まとめ
自分で執筆したり納品される記事の場合でも、下記の場合は行っておくと良いでしょう。

文字種変換をした方が良い場合

  • 数字が全角と半角がごちゃ混ぜになっている場合
  • 英単語が統一されていない場合
  • 名称(全半角やカタカナなど)を正式表示しなければいけない場合

※またエクセルでも同様の事ができますが、文章校正ではなくデータ校正の範囲になるので省略しました。

目視よりも一括変換されますので楽ですし、効率化も図れます。
ぐちゃぐちゃな構成の場合は、検索順位に影響する可能性もあり、基本的な文章の校正は実施する事をお勧めします。

他の作業効率化・ツール一覧についてはこちらに掲載

ツールと効率化を図ってスピードアップしましょう。
⇒作業効率化・ツール一覧ページ

 

  • この記事を書いた人

宮武大輔

ウォーカーネット運営責任者。株式会社フルスペック代表取締役。2012年にSEO・WEB集客・サイトアフィリエイトで起業。現在も複数メディアサイト運営&SEO・MEO対策、ネット集客、マーケティング受注やコンサルティングしている。 詳しくはこちらをクリック→宮武のネット集客・マーケティング配信

-作業効率化・ツール

Copyright© ウォーカーネット , 2019 All Rights Reserved.