1. TOP
  2. モノクロ写真の一部をカラーにして目立たせたい

モノクロ写真の一部をカラーにして目立たせたい

ウェブデザイン
この記事は約 3 分で読めます。

誰もが一度は見たことがある、人気ビール・プレミアムモルツのテレビコマーシャル。
お歳暮をコンセプトにしたコマーシャルでは、雪が舞い散る竹林の中、女優の竹内さんが風呂敷包みをもって歩いています。

その映像は、全体的にモノトーンなのですが、風呂敷部分だけはしっかりと色が…。
モノトーンの中に紛れ込んだ一色…思わず注目してしまいます。

モノトーンの中に1色だけカラーがあるとインパクトが強い

このプレミアムモルツのテレビコマーシャルでは、毎回、こうしたモノトーンの中に1色だけカラーを見せています。
浮き上がってくるような感じで、おもわず見ずにはいられない…そんな吸引力を持っています。

見て欲しいところを注目させる方法としては、実に強力な手法といえるでしょう。

この手法は、映画や広告などでも広く使われています。
ちょっとオシャレな感じがしていいですよね♪

フォトショップで目立たせる事が可能

フォトショップでもこうした見せ方をデザインすることができます。

その際に使うには、ヒストリーブラシ。

写真の「ここだけをカラーにして注目させたい!」なんて簡単に叶えることができるのです。

まず写真を用意

今回はたくさんの種類が並ぶ野菜の写真を用意。
パプリカ(黄色)にポイントを当ててみたいと思います。
処理はとっても簡単ですぐに終わります。

色調補正、彩度を下げるを選択

「イメージ」メニューの「色調補正」「彩度を下げる」に選択します。

これでモノクロ状態になりました。

「ヒストリーブラシ」ツールを選択し、モノクロのなかのカラーにしたい部分をなぞります。

今回は黄色のパプリカ部分となります。

ちなみに「ヒストリーブラシ」を選択すると、上部に詳細が表示されます。

そこでブラシの太さやモード、不透明度などを調整します。

モノクロ写真カラー1

色を出すところだけ塗えば完成

色を出したいところだけ塗っていけば…あら、不思議!
きれいに色が出てきました!
拍子抜けするぐらいに、とっても簡単にできました。

目立たせたいところを強調するのには、とても効果的な方法です。

特に目立つ色ほど、いい感じになります。
逆に、モノクロに近い色、暗い色ではあまり変化が感じられないかもしれませんのでご注意!

モノクロ写真2

\ SNSでシェアしよう! /

インターネット集客・マーケティングサイト【ウォーカーネット】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インターネット集客・マーケティングサイト【ウォーカーネット】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

walker-net運営事務局

walker-net運営事務局

当サイトwalker-net.jpの運営事務局です。インターネット集客やマーケティング・ビジネスに関する情報を更新。

この人が書いた記事

  • 色で悩む

    便利!ウェブページ配色で悩んだ時のカラーツールサイト

  • 仮想通貨取引所

    仮想通貨の取引所・販売所選びはこれを覚えてほしい

  • 仮想通貨・ビットコインの積立投資が凄い!?

  • 仮想通貨の歴史

    仮想通貨・ビットコインの歴史を知っておこう

関連記事

  • 写真撮影でのポイントとホワイトバランスの調整

  • 笑って!にっこり笑顔にする方法

  • フラットデザイン…ってなんですか?

  • 最初の目標はポートフォリオ制作から

  • なるべくならしないほうがいい…?画像の回転

  • Webデザインを上達させるための心構え