1. TOP
  2. 仮想通貨の取引所・販売所選びはこれを覚えてほしい

仮想通貨の取引所・販売所選びはこれを覚えてほしい

仮想通貨
この記事は約 7 分で読めます。
仮想通貨取引所

ビットコイン・仮想通貨は取引所や販売所で行います。
どれも通貨を手に入れる事ができますが、取引所や販売所についての違いは知っておきましょう。

販売所と取引所の違い

一見、同じように思えますが実は全く違う事をまずは覚えておきましょう。
手元に残る金額が変わります。

 

取引所(交換所)とは

一般的な株式投資の形式と一緒です。
たくさんの取引の中で決まっていく相場価格を見ながら売買を進めます。

相場価格は取引所に「通貨を売りたい」「通貨を買いたい人」たちが集まっている中で、平均値をとりながら決まっていきます。

実際に売買する人と接触はしないのですが、たくさんの人が売り買いしていく中で自分の希望値段のなった時に売買するのが取引所です。

取引所の運営会社は売買するのではなく、売買する方々の取引所を提供する意味合いです。
(もちろん運営会社が売買をする場合もありますが)

 

取引所のメリット

取引手数料が安い

ユーザー同士では手数料がなく、取引所運営の手数料になるのですが、販売所より手数料が安いのが特徴

指値注文ができる

価格を自分で決めて、設定する事で希望の価格で取引ができるのも特徴です。

 

取引所のデメリット

取引所に人がいないと売買が成立しないケース

ユーザー同士の売買になるので、その金額で売買する相手がいないと売買がすぐに成立しない事がある。
特に価格変動が激しい場合に、たまにあります。

売買を設定したけど、なかなか完了しない時はそんな時です。

よっぽど利用者の少ない取引所ではない限りが成立しない事はないのですが、理屈としては売買が成立しないケースもあります。

 

販売所とは

取引所とは違い、運営会社が大量に保有している通貨を売買するところが販売所です。

販売書を運営しているので仮想通貨=円(法定通貨)の売買も出来るのが特徴です。
ですので取引所の相場価格ではなく、販売所の販売価格で売買します。

 

販売所のメリット

通貨を簡単に買う事ができる。

基本的に購入までの手間・クリック・動作は販売所の方が簡単に買えることが多いです。
クレジットカードやコンビニ払いなどの購入が可能。

 

販売所のデメリット

販売会社にスプレット(差益)を取られる。

基本的に販売会社では通貨をその会社が保有しているリスクも生じます。
どうしても取引所よりスプレットが大きいのが特徴です。

手数料を甘くみない・少しでも安く

これまで取引所と販売所のメリットとデメリットをお伝えしましたが
やはり大事なのは「売買手数料」「スプレット」です。

 

通貨を購入する際の手数料の違い

簡単とか操作とか、スムーズに取引が出来るか?サポートはどうなのか?

など取引所を使うポイントは幾つかあるのですが
大前提として「取引手数料」「売買手数料」の差が取引所と販売所では雲泥の差があるのが現状です。

 

販売所の手数料がなかなか凄い

正直、ビットコインを除くアルトコインを販売所で売買トレードを行っていくとものすごい手数料を取られます。

販売所でのアルトコイン売買は正直お勧めしません。
国内の取引所では思ってもみない落とし穴に落ちる事があります。

安値で買って高値で売ったとしても、手数料を差し引いて税金を引かれたら手元に残らないという事が冗談抜きでありえます。

現在の国内大手取引所の「販売所」はシャレにならないくらいの手数料を取っていきます。

ですのでまずは手数料がいかに取られないか?を第一に取引所を選別していきましょう。

 

複数の取引所を取得する

仮想通貨では一つだけでなく複数の会社の取引所を開設することを強くお勧めします。

仮想通貨の世界は、まだ未成熟な世界です。

  • 取引所の通貨盗難
  • 通貨価格の乱高下
  • 取引所の価格差

思ってもみない状況が生まれているのが現状です。

 

仮想通貨は取引所間の通貨移動も簡単にできる

下記のためにもしっかりと取引所の解説は複数行っておきましょう。

  • アービトラージ対策
  • リスク分散
  • 取引所盗難対策

 

アービトラージ対策

これは取引所によって通貨の価格差を利用して、利益を生む方法です

ざっくりですが下記をイメージしてください

例)1ビットコインの価格
A取引所 998,000
B取引所 1,000,000

この場合はA取引所の方が2万円安いのが解るでしょうか?

そうすると

A取引所で1ビットコイン998,000円を購入

購入したビットコインをA取引所からB取引所へ送金

B取引所でビットコインを1,000,000円で売却。

そうすると差額の2万円が利益になります。

この差額を利用して利益を上げる方法をアービトラージと言います。

 

実際にこのような価格差は生じます。

各取引所のビットコインの一覧を表示するアプリも存在しますし、仮想通貨で実際に稼ぐ方法としてはスタンダードな方法の一つです。

その為には、あらかじめ複数の取引所にアカウント登録しないと間に合いません。

せっかくの利益のチャンスを取引所を開設していないがために、見過ごすのも嫌なものです。

 

リスク分散・取引分散

非常に大事です。

もし仮想通貨全体の価格が暴落するときに(結構頻繁にあります)
その時にビットフライヤーを始めとするビットコインFXができる取引所で、ショートポジションを取って損失を減らす対策が出来るからです。

突然の鬼のような暴落に、もし仮想通貨の売却のタイミングを失った場合。
ビットコインFXでショートポジションを取ることで対策も出来るわけです。

(※当然、通貨価格の全体暴騰時にも「ロングポジション」を取る事で、利益を倍増する事もできます)

出来れば複数の取引所で、お金を入れておいてストックさせておくのが理想です。
先ほどと同じく、すぐに行動できるように取引所は複数開設した方が良いです。

 

取引所の通貨盗難

直近ではコインチェックのNEM580億円の盗難が記憶に新しいですね。

一つの取引所に全ての通貨や資金を入れていくのは危険です。

取引所だからと言ってやっぱり安全を保障しているか?と言われると必ずしもそうではありません。

 

ハッキング被害ランキング

補足として現在の世界の取引所の盗難事件の取引所・金額一覧です。
※2018年2月現在
1. 2018年 Coincheck 被害・盗難額580億円
2. 2014年 MtGox 被害・盗難額385億円
3. 2018年 BitGrail 被害・盗難額212億
4. 2017年 NiceHash 被害・盗難額88億円
5. 2016年 Bitfinex 被害・盗難額79億円
6. 2016年 The DAO 被害・盗難額77億円
7. 2017年 Parity Wallet 被害・盗難額43億円
8. 2015年 Bitstamp 被害・盗難額5億円

セキュリティも各取引所も強化していますが、資金は自分で安全管理しましょう。

 

  • ハードウォレットを自分で用意して、自分で管理する
  • 取引所を複数(たくさん)アカウント作成して、資金を分散して入れておく

このどちらかの対策をしましょう。

ハードウォレットを使うかアルトコインや草コインの売買がスムーズに行うために、取引所を5~6か所以上で通貨を置いておく事をお勧めします。

これらの理由から取引所は複数アカウントを確保する事を強くお勧めします。

ちなみに国内大手のビットフライヤーやコインチェック・ザイフなどは取引所と販売所を併設しています。
ビットコインは取引所で扱い、アルトコインは販売所で取り扱っている会社がスタンダードですね。

 

もし仮想通貨を始めたい、良い取引所選びに迷っているのであれば参考になると思います。

→当サイトで厳選した仮想通貨の取引所をまとめました。

 

仮想通貨の無料情報配信

仮想通貨の国内・海外最新情報
実践トレード情報を配信しています。
テクニカル&ファンダ&シグナル配信あり

 

\ SNSでシェアしよう! /

インターネット集客・マーケティングサイト【ウォーカーネット】の注目記事を受け取ろう

仮想通貨取引所

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インターネット集客・マーケティングサイト【ウォーカーネット】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

walker-net運営事務局

walker-net運営事務局

当サイトwalker-net.jpの運営事務局です。インターネット集客やマーケティング・ビジネスに関する情報を更新。

この人が書いた記事

  • 色で悩む

    便利!ウェブページ配色で悩んだ時のカラーツールサイト

  • 仮想通貨取引所

    仮想通貨の取引所・販売所選びはこれを覚えてほしい

  • 仮想通貨・ビットコインの積立投資が凄い!?

  • 仮想通貨の歴史

    仮想通貨・ビットコインの歴史を知っておこう

関連記事

  • 仮想通貨の歴史

    仮想通貨・ビットコインの歴史を知っておこう

  • 仮想通貨

    【まとめ】仮想通貨は事前にこれだけ知っておかないとダメ

  • 仮想通貨・ビットコインの積立投資が凄い!?