サイト構築・運営

失敗しないためのサイト運営で大事な8つの項目

投稿日:

スポンサーリンク

-------

サイト運営で大事な8つ
サイト運営を継続していく中で、必要な項目と注意事項についてまとめました。
一般的にサイト初期設定が終わったら、本格的にサイト・ブログ運営をスタートします。

正しい運営方法や注意事項を知らずにやみくもに運営していても、アクセスを集め上位表示を達成し、集客や売り上げを伸ばすことは出来ません。

現状として軽い気持ちで始めた場合、サイトやブログ運営も継続できずにほとんどの方が成果が出るまでに諦めてしまいます。

宮武
サイト運営の最初の段階でアクセスを集めるまでには、以下の項目を意識して下さい。

サイト運営初期で必要な手順と項目

  1. コンテンツ記事を書いていく
  2. CTA最適化を行う
  3. 内部リンク設定していく
  4. アクセス解析・順位チェックで定点観測
  5. 上位表示するリライト・ページSEO調整
  6. 外部リンクの獲得を考える
  7. SNSや他媒体と連動していく
  8. 諦めないで継続したサイト運営を行う

   
サイトやブログを始める目的や目標によって得られる内容は千差万別です。

宮武
しかし共通して、不特定多数の自分(自社)を知らない人が運営サイトにユーザーを集める仕組みを作れるのがサイトやブログ運営の最大のメリットです。

SEO対策も含めて初期段階をクリアして成功を実感するまでに必要な項目をまとめました。

スポンサーリンク

-------

 

まずはコンテンツの作成から

検索エンジンからアクセスを集めるには、兎にも角にもページコンテンツが必要です。
すでにサイト設計は終わっていると思います。
早速、情報コンテンツを作っていきましょう。

※まだサイト設計が終わっていない方は、まずこちらから。
失敗しないウェブサイト作成の手順と覚えておく項目を徹底的にまとめています。

解説ページウェブサイト作成手順の完全マニュアル

 

コンテンツ記事を書いていく

コンテンツ記事を書いていく

まずは「継続して」コンテンツページを更新していきます。
継続してページを少しずつ増やしていきましょう。

SEOを意識した文章を

単なる日記ではなく各記事にテーマ(キーワード)を考えて、検索エンジンに最適化したページ作りが求められます。

 

特に現在はコンテンツ設計が大事。

以下の解説ページを参考にして作成に取り掛かってください。

ウェブコンテンツ記事の作成方法と注意点。
そしてプレップ法を使った構成の作り方などを解説しています。

こちらのページを参考にしてください。

記事の書き方のマニュアルまとめ
解説ページSEOを考えた記事作成の方法

プレップ法を知らない方は一度チェックしてみてください。
解説ページPREP法(プレップ法)を使った読まれる文章作成方法

 

CTA最適化

CTA最適化

コンテンツ記事の継続更新と「同時に」CTAの最適化も行います。

サイト運営の目的な様々ですが、顧客獲得であればサイト内から申し込みや購入を促す構造を作る。
アフィリエイト広告であれば、広告掲載へのクリック誘導やサイト内導線作りが必要になります。

CTAの改善は売り上げに直結します

CTA=Call To Action(コールトゥアクション)行動喚起として、アクセスしたユーザーさんがアクション(行動)してもらうための最適化です。

目的に合わせたCTAの最適化を行いましょう。

ウェブサイトから問い合わせや申し込み率を増やすための対策も行いましょう。

CTAの項目は多いです。CTAを知っておくとかなり考え方も変わります。
解説ページ売り上げをあげるためのCTA対策まとめ

企業・店舗・ビジネス系サイトではお問い合わせフォーム最適化は重要です。
解説ページお問い合わせフォームの作り方・最適化について

 

同時に「ユーザーエクスペリエンス=ユーザー体験」も意識したサイト構成は結果も早くなります。
意外と勘違いしている方も多いユーザーエクスペリエンスについて知ってください。

サイトに訪問したユーザーの満足度を上げるために行える事があります。

解説ページユーザー満足度を高めるユーザーエクスペリエンスについて

基本的な情報コンテンツをサイト設計に沿って更新しながら、重要なページの作成も並行して行います。
並行してサイトの完成度をあげていきましょう。

 

SEO対策を意識しながら構築していきます

そしてSEO対策は必須です。
ただやみくもにページ更新を行っておけばよい訳ではありません。

運営する目的として検索エンジンからいろいろなキーワードで検索順位をあげてアクセスを集めます。

宮武
想定する検索キーワードで上位表示させるためには、現在の検索アルゴリズムに最適化したサイト構造にする必要があります。

 
内部リンク設定

内部リンク設定

まずは内部リンク構造です。

内部リンクビルディングとも呼ばれます。

ページを更新していく際に、内部リンクを意識して設定・作成していく必要があります。

関連するページ同士にリンクを入れていきましょう。
出来ればページを作成するときに、内部リンクを入れながら更新していくと効果が期待できます。

「時間軸」と呼ばれます

内部リンクが「全くないサイト」と内部リンクを「しっかり入れているリンクビルディングを意識したサイト」では、ほぼ間違いなく後者の方がSEO評価は高くなります。

サイト設計図を見ながら、関連しそうなページ同士はリンクでつなげましょう。

SEOを意識したアンカーテキスト設定をしておきたいです。

アンカーテキストの調整で各ページのSEO評価は変わります。
しっかり基礎を学ぶことをお勧めします。

解説ページSEO対策を考えたアンカーテキストの作り方

どこに内部リンクが存在するか可視化できるプラグインも存在します。


 

アクセス解析・順位チェック

アクセス解析・順位チェック

内部リンクを入れながらページを増やしていきつつ、ある程度ページ数が増えてきたらアクセスや順位のチェックを行っていきます。
できればキーワードの順位は定点観測していきましょう。

「解析・調査」という行為は、前後のデータがあって初めて意味のあるデータになります。
定点観測を意識してみましょう。

基本的にグーグル提供のアナリティクスとサーチコンソールは必須です。

まだ活用していない方はしっかり使いこなすことをお勧めします。

公式サイトアクセス解析ツールのアナリティクス

公式サイトサイト解析のサーチコンソール

もし資金に余裕があればエイチレフズもお勧めです。

公式サイトahrefs(エイチレフズ)

 

アクセス数や検索キーワードなど観察ポイントを定点観測していきましょう。

同時に検索順位のチェックも必要です。

現時点でどのキーワードが何位なのか?
知っておかないと具体的な対策もできません。
個人的にはツールで毎日チェックすることをお勧めします。

検索順位をチェックすることは必須です。詳しくまとめてみました。

解説ページ検索順位チェックの方法と注意事項

アクセス解析と順位チェックは必須項目です。
データ分析しないと最適化できません。

 
上位表示するリライト・ページSEO調整

上位表示するリライト・ページSEO調整

データ解析に連動して現状より高い数値を求めるためにページコンテンツのリライトと検索エンジン最適化を行っていきます。

宮武
ページ公開から3か月以上経過した時点で、思ったように順位が上がっていない、アクセスが集まっていないのには原因があります。

やはり計画性を持ってサイト運営していきます。
それにはPDCAサイクルを活用した運営をお勧めします。

PDCAとサイト運営の関係性について掲載しています。
解説ページPDCAを活用したサイト改善方法

 

ページ単位のリライトや最適化として押さえておきたいポイントです。

リライトで改善しながら上位表示を目指します

アクセス解析の中で、実際のユーザー評価の悪いページはリライトの必要があります。
公開したページはリライトを繰り返しながら上位表示を目指す場合が多いです。

基本的に直帰率と離脱率が高いページはユーザー満足度は低く、SEO評価も低い場合が多いです。
直帰率と離脱率について知っておきたいことをまとめています。

解説ページ離脱率・直帰率とページ改善について

 
基本的なSEO対策の確認も行いましょう。

タイトルやメタ作成など基本的なSEO設定を学ぶことをお勧めします。
単純なSEO対策設定を行わないと上位表示が難しいです。

ページ作成の基本に自信がない方は参考にしてください。

解説ページタイトルタグ(ページタイトル)のSEO対策を考えた作り方

解説ページSEO対策とメタディスクリプションの作り方

解説ページインデックスを確認する方法まとめ

ページコンテンツの検索エンジン最適化とリライトは地道な作業ですが非常に大事です。
一度公開したページを放置しないで、きちんと改善させることも成功のポイントです。

 

被リンク獲得の対策

被リンク獲得の対策

外部リンクの獲得

SEOの中で外部リンクの獲得は、サイトの順位をあげる大事な要素です。

自作自演リンクという方法と、本当に一般ユーザーから良いコンテンツと認められる被リンクまで種類はたくさんあります。
独自ドメインからブログURL、まとめサイトからSNSなど種類はさまざまあります。
宮武
サイト更新しながらページが増えてきて内部対策がしっかりしてきたら、外部リンクの獲得を意識していきます。

外部リンクの獲得の考え方としては別ページに掲載していますので、参照してみてください。

2019年のサイト・ブログ戦略についての考え方(ページ途中の部分が表示されます)
被リンク対策の考える部分を掲載しています。

解説ページこれからの被リンク対策の考え方

 

ウェブサイトに専門性・権威性・信頼性が求められる時代に?

現在の効果の高いと思われる被リンクは権威性のあるサイトからのリンクです。
EAT(専門性・権威性・信頼性)がサイト評価に関わってきています。

EATはSEOにどう影響するのか?重要度が増しているEATについてまとめました。
被リンクの考え方として非常に重要です。
解説ページSEO対策にはEATを高めることが必須?

 

アクセス経路を増やすことも視野に

SNSや他媒体と連動

SNSや他媒体と連動

そして可能であればSNSアカウントも育て、アクセス誘導することもオススメします。

宮武
検索アルゴリズムは近年、私たちの予想を超える改変を行っているように思えます。
さまざまな集客経路を確保するリスクヘッジはしましょう。
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok
  • 無料ブログ
  • まとめサイト
  • ブックマーク

などなど他媒体のプラットフォームも活用していきましょう。

2019年のサイト・ブログ戦略についての考え方(ページ途中)
※クリックするとページ中盤が表示されます。

解説ページSNS連動を行い複数の集客経路を確保しよう

 
どんどん新しいプラットフォームが誕生し、そこから収益が生まれる可能性もありますよね。
SNSも細分化し、動画・ライブ配信やアプリも含めて可能性は広がっています。
サイト・ブログ運営を軸にして活用できるものは活用しましょう。

TikTok(ティックトック)からの収益化・広告収入について考えることをまとめています。

解説ページTikTok(ティックトック)から収入を得ることは出来る?

 

効果が出るまでにタイムラグがある事を知る

諦めない継続したサイト運営

諦めない継続した運営

そして最後にお伝えする部分として諦めずにサイト運営を行っていくという事です。

検索エンジンは「時間軸」を大事にしています。
それは検索アルゴリズムという仕組みにも関係しています。

時間軸について知っておきたいエイジングフィルターの知識についてまとめました。
考え方として非常に大事なので見てください。

解説ページ検索順位が上がらない場合はエイジングフィルターが原因?

ページ更新頻度のSEO対策への影響。

解説ページページ更新頻度が高いほどSEOに有利?

 

時間軸の大事な考え方

今日公開した記事が狙ったキーワードで明日に1位になっていることはありません。
どんなに良いコンテンツ作ったとしても、時間軸の関係で1位になるまでにはある程度の時間を要します。

グーグルに検索アルゴリズムは私たちが思っているほど単純ではありません。
時間をかけてサイトを運営していくうちにだんだんとドメインパワーが強くなり評価されていくものです。

少しずつサイトの評価を高めてドメインパワーを強めていきましょう。

ドメインパワーを強くするために行った方が良いこと。
またドメインパワーとは何か?どういう基準で考えた方が良いのか?まとめています。

解説ページドメインパワーを強くする対策まとめ

 

宮武

多くの方は最初は頑張ってページを更新していきますが、行動に対する結果が実感できずに次第にサイト運営を諦めてしまいます。
更新の止まった会社や企業サイト、個人ブログを多く見かけもったいないなと感じます。

世の中の何事もそうでしょう。
世間や他人に認められるまでには、「継続した努力」が必要です。

特に最初の方は努力しても形にならず報われない事も少なくありません。

どれだけ頑張ったら、どこまで補償されるという保証はないです。
労働収入ではないので、作業対価は保証されません。

しかし決して諦めずにコツコツ継続していくことが大前提で求められます。
意外と成功か失敗かの分岐点は継続できるか?だったりします。

スポンサーリンク

----

 

まとめ サイト運営を継続が成功のカギ

サイト初期設定が終わってから、ある程度の結果を出すまでの過程についてご紹介しました。

順番を決めて公開しましたが、工程には多少の前後もあります。
併用しながら対策を行っていくのですが、以下の項目は必須事項です。

サイト運営で大事な項目

  • コンテンツ記事を書いていく
  • CTA最適化を行う
  • 内部リンク設定していく
  • アクセス解析・順位チェックで定点観測
  • 上位表示するリライト・ページSEO調整
  • 外部リンクの獲得を考える
  • SNSや他媒体と連動していく
  • 諦めないで継続したサイト運営を行う

本当に良い記事を継続して更新していくことで、いずれ評価される時がきます。
(良い記事のレベルは高めです^^)

世の中と一緒で、例えば本当に素材や製法にこだわり「日本一と自信の持てるレベル」で美味しいパンを作っていけば、いつか誰かどこかで評価してくれていずれ口コミで噂になると思います。
(本当に美味しいと言われるレベルに限りますよ。)

しかし噂になるまでの期間をいかに短縮できるか?が最適化や集客対策だと思います。
当然、世間の噂になる前に資金がなくなって倒産してしまうリスクもあります。
何かのトラブルにあって閉店しまう場合もあります。
世の中、中身が良ければ絶対に成功するということでもありません。

サイトやブログ運営も一緒で、どんなに自分に自信のあるコンテンツを更新していても、世間の人に見てもらう期間は短い方が良いですよね。
SEO対策や正しいサイト運営はそのために存在します。
(逆に言えば、中身が良くなくてもマーケティングが良ければ売れるという考え方もあるくらいです。)

宮武
これから運営するサイトやブログを、1日でも早く多くの人に閲覧してもらい、結果を早く出せるようにという意味でも正しいサイト運営知識を身につけてください。

正しい知識は成功までの近道になります

SEO対策やサイト最適化・マーケティングも含めて正しい運営を知ることで結果も早く出ることを理解して進めましょう。

 

ブログにアクセスが増えるとこんな良い事があります

諦めずに各キーワードで上位表示を達成しアクセスを集めることが出来れば良いことがあります。
もちろん「得られるもの」の種類は違いますが、継続して諦めない結果、手に入れることが出来ます。

サイトにアクセスが増えると。。

  • お問い合わせや相談件数が増える
  • サイトやブログから広告収入が発生する
  • 自社(自分)売り上げがどんどん伸びていく
  • サイトやブログから購入や申し込みが発生する
  • 毎月の継続的な広告収入が確保できる
  • 顧客リスト(メルマガやLINE@など)を獲得することができる
  • 成功体験のノウハウを活用できる土台が作れる
  • 知名度が上がり多くの人に存在を知ってもらえる
  • 同じ目的をもった人と触れ合う機会が増えて人脈が増えていく
  • 理念を掲げて運営していく中で、共通の認識をもった仲間が集まってくる

結果が形に現れるまでは、諦めずに継続してサイト運営を行っていきましょう。
 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

宮武大輔

ウォーカーネット運営責任者。株式会社フルスペック代表取締役。2012年にSEO・WEB集客・サイトアフィリエイトで起業。現在も複数メディアサイト運営&SEO・MEO対策、ネット集客、マーケティング受注やコンサルティングしている。 詳しくはこちらをクリック→宮武のネット集客・マーケティング配信

-サイト構築・運営

Copyright© ウォーカーネット , 2019 All Rights Reserved.