サイト構築・運営

PREP法(プレップ法)を使えば文章力が上がる?

投稿日:

スポンサーリンク

-------

PREP法(プレップ法)

PREP法(プレップ法)はプレゼン資料や営業などで「解りやすく内容を伝えることのできる方法」。

文章構成をテンプレート化して論理的に内容を伝えやすくする時に使います。

PREP法は4つの内容を組み立てて構成します。

  1. Point=結論・要点
  2. Reason=理由
  3. Example=事例、具体例
  4. Point=結論

もしプレップ法を活用できると、文章構成が格段に上手になります。

プレップ法を意識した文章で期待できる効果

  • 文章(会話)の構成を簡単に組み立てられる
  • 相手に要点を的確に伝えられる
  • 最後まで飽きずに読んで(聞いて)もらえる
  • 簡単に説得力のある文章(会話)を作ることができる

そしてウェブサイトやブログのページコンテンツは、SEO対策にも影響します。

もし文章の作り方・相手に上手に会話で伝えることに自信のない方はPREP法(プレップ法)を導入してみてはいかがでしょうか?

プレップ法について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

----

 

プレップ法が良い文章な理由

文章を作ることに慣れていない方や、要点を的確に伝えきれず最後まで読んでくれない場合は、PREP法(プレップ法)のテンプレートの活用により確実に文章構成能力が上がります。

そして読み手には良い影響を与えることが出来ます。

 

読み手にストレスを与えにくい

結論が文章を読んでみてもわかりにくい文章は読み手にストレスを与えます。
「何か言いたいの?」「結局なんなの?」です。

特にウェブサイトやブログに検索してきたユーザーは答えを知りたいものです。
検索に対する答えが読んでいても出てこない場合は、待ちきれず他のサイトを探しに行くことが多いです。

検索に対する答えを早く知ることでまずは満足する

しかし結論を先に提示することによって、ユーザーも満足したUX効果も得られます。

ユーザーエクスペリエンス(UX)を意識したサイト運営にも有効というわけです。
UXに関しては別ページに詳しく掲載しています。これからのSEO対策には絶対に必要な要素です。

 

内容に興味を持ってもらえる

最初に結論を伝えて、ユーザーを満足してもらう。
そして「なぜ結論に至ったのか?」という説明を結論のあとに伝えることによって、ユーザーもその真意を知りたく素直に離脱せずページを読んでもらえる確率は高くなります。

ユーザーが引き込まれていく構成

話が深化していくので、読んでいくにつれてどんどん理解度も高まっていくという理論です。

良い文章を作る上で大事なのは文章構成です。

 

SEO効果も期待できる

また良いコンテンツ文章構成は、読み手にも飽きられずに最後まで記事を読んでもらえます。

それはページ滞在時間が長くなりページの評価も上がり、さらには良いサイトと認識してもらえる事も多く、直帰率や離脱率低下にも繋がります。

直帰率や離脱率はSEO評価において重要項目です。

ページのSEO評価も高くなる

「最後まで読んでもらえる→ユーザーによって良いページ→ページのSEO評価は良くなる。」という構図です。

よはり読み手に飽きさせずに、離脱しないで最後まで読んでもらえる一つの対策として話の組み立て方が大事なんです。

スポンサーリンク

-------

 

PREP法(プレップ法)を用いた具体例

では実際にPREP法(プレップ法)を用いた具体的な事例を一つご紹介します。

PREP法の各パートの書き方は以下の通りです。

Point=結論・要点

まず結論・要点から入ります。
最初に話の中で伝えたい結論部分を主張します。
結論を先に伝えることによって興味を引きます。

Reason=理由

結論に至った理由を「なぜなら」という理由を伝えていきます。
なぜその結論なのか?
なぜその答え・結論に至ったのか?

Example=事例、具体例

結論と理由について詳しく説明・解説・具体例を提出していきます。
裏付けとして内容に信憑性を高め認識を深めてもらいます。
事例や具体例を「例えば」という形で深堀りしていくと解りやすいです。

Point=結論

もう一度最後に結論を伝えます。
理由や具体例・事例を踏まえたうえで結論を伝えます。
可能であればまとめの意味も含めて最初とは表現を変えたり統括する意味で伝えましょう。

今回の具体例

伝えたいことは「買取店やリサイクルショップのお客を増やすには検索エンジン対策がおすすめ」。
PREP法(プレップ法)を用いて伝えながら、リンク誘導します。

step
1
Point=結論・要点

買取店やリサイクルショップに来店してもらうお客様を集めるには検索エンジン集客を対策すると良いですよ。

step
2
Reason=理由

なぜなら検索エンジンで買取をしてほしい人が検索しそうなキーワードで上位表示すると、関心のある人が検索してきて「お客様が向こうから問い合わせてくるようになるから」です。

step
3
Example=事例、具体例

例えば「名古屋 ロレックス買取」で検索順位が1位になった場合、月間アクセス数が20回あり、そのうち平均6人ほどが向こうから勝手に問い合わせしてくるデータがあります。

step
4
Point=結論

自分から営業や宣伝チラシを配布しなくても、向こうから勝手に見込み客が問い合わせてくる仕組みが検索エンジン集客だからです。

興味のある方は詳しくはこちらを参照ください
→買取店・リサイクルショップ集客代行

※あえて文字装飾などは入れていません。
声に出してゆっくり読んでみてください。
PREP法(プレップ法)を活用すると情報が整理して伝えることが出来ます。

注意点

注意点としては、最初の結論に対する理由・説明を明確に伝えることです。
「なぜなら」という説明をしっかりできれば、ユーザーは最後まで読んでくれることが多いです。

逆に理由の前に事例を入れたり、関連情報を先に含めてしまうと話しが脱線してしまい、ユーザーの満足度は下がってしまいます。

 

まとめ ウェブコンテンツはPREP法(プレップ法)を活用しましょう

PREP法(プレップ法)まとめ
PREP法(プレップ法)を取り入れた文章作成の方法とメリットをお伝えしました。
文章構成に自信のない方は、ぜひ取り入れてみてください。

PREP法(プレップ法)の4項目

  1. Point=結論・要点
  2. Reason=理由
  3. Example=事例、具体例
  4. Point=結論
宮武
当ページもPREP法(プレップ法)を意識して書いているんです。
解りましたか?h2タグをよく見てみてください。
このページをプレップ法に沿って文章作成していますよ。

すっきりした無駄のない構成でユーザーに伝えたい結論・要点をしっかり伝えることが出来ます。
それはページの滞在時間や離脱率を防ぎ、サイト全体の評価も上がりドメインパワーも強くなります。

ユーザーニーズやSEO対策を考え、長期的に運営するつもりであればプレップ法をお勧めします。

合わせて読みたいコンテンツ記事の作り方

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

宮武大輔

ウォーカーネット運営責任者。株式会社フルスペック代表取締役。2012年にSEO・WEB集客・サイトアフィリエイトで起業。現在も複数メディアサイト運営&SEO・MEO対策、ネット集客、マーケティング受注やコンサルティングしている。 詳しくはこちらをクリック→宮武のネット集客・マーケティング配信

-サイト構築・運営

Copyright© ウォーカーネット , 2019 All Rights Reserved.