サイト構築・運営

サイトマップは作った方が良い?

投稿日:2019年6月18日 更新日:

サイトマップ
サイトマップはウェブサイト全体のページ構成を一覧できるページです。

サイトマップがなぜ必要か?

訪問したユーザーには、目次のようにサイト内にどんなページが存在するかを把握する事ができ、検索エンジンにもクローラーに作成したページを一覧として伝える事ができます。

サイトマップはSEO対策としては必要な対策で、全体像を俯瞰してホームページを観察できます。
基本的な対策としてサイトマップは作成しましょう。

サイトマップを作った方が良い場合

  • ページ数の多いサイト
  • 更新頻度の高いサイト
  • 内部リンクがSEO最適化されていない
  • どこにもリンクされていないページがある
  • 開設してから間もなく外部リンクが少ない
  • サイトでリッチメディアコンテンツを使用されている
  • サイトがグーグルニュースに表示されている
  • 他のサイトマップ対応アノテーションを使用されている
引用URL サーチコンソールヘルプページ
サイトマップについて

またサイトマップを設置する事による効果・メリットについては以下があります。

サイトマップ作成で考えられる効果

  • 検索クローラーの回遊率が上がりインデックスされやすい
  • サイトが検索エンジン最適化(SEO)される
  • ユーザーのサイト回遊率があがりページビューが増える
  • ユーザーに解りやすくサイト内の情報を伝えられる
  • 自分で各ページのタイトル・コンテンツ重複のチェックに使える

サイトマップは基本的に2種類あります。
では詳しくサイトマップについて解説して、作成方法をお伝えしていきます。

2種類ともサイトマップを作成する事を強く推奨します。

 

HTMLサイトマップ

サイトに訪問したユーザーに向けて、HTML記述されるサイトマップです。
ユーザーが「どんなページがあるかな?」とサイトマップから探すために役立ちます。

宮武
「SEO的には関係ないからいらないよ」っていう方もいますが、個人的にはあった方がユーザーは喜ぶと思っています。

HTMLサイトマップはユーザビリティ対策です。

作り方は自分でHTMLページを作る方法とワードプレスの場合はプラグインで作成する方法があります。

 

手動で作る

HTMLページは手動で各ページをリンクしながら作成していきます。
自分で作るので「抜け」のないように順番に作っていきます。

メリットとしては、自分で作るのでページ内容の把握やアンカーテキストを調整できます。
ただ新規ページを作ったり削除した場合は、手動で行わなければいけません。

スポンサードリンク

 

プラグインで作成する

WordPressやEc-cubeなどのCMSの場合はプラグインが存在する事が多いです。
ワードプレスではプラグイン「PS Auto Sitemap」がオススメです。

インストールして簡単に作れますし、サイト内更新も自動で行ってくれます。
人為的なミスがないので、もしワードプレスを使っていたら利用しましょう。

参考⇒PS Auto Sitemapインストールや設定方法はこちらに掲載

 

サイトマップの設定場所

ユーザー向けのサイトマップは、サイトを訪問した場合にユーザーに気が付いてもらう方が良いです。
クリックして閲覧してもらう方が良いので、設置場所を考えます。

グローバルメニューやフッターエリアなど、できれば全ページからアクセスが可能な場所にリンクを設置しましょう。

 

XMLサイトマップで作る

検索エンジンのクローラーがサイトを訪問した際に、全てのページを認識してもらう役割です。
特に規模が大きく、内部リンク構造が最適化されていないと検索クローラーがページに気がつきません。

XMLサイトマップはクローラビリティ対策です。

こちらも作成・設定方法は2種類あります。

 

sitemap.xml Editorで作る

サイトマップを自動生成してくれるツールがあります。
sitemap.xml Editor
http://www.sitemapxml.jp/

URLを入力して「最終更新日」「更新頻度」「優先度」「同一タイトルURLの除外」を選択するとサイトマップが生成されます。

 

プラグインで作成する

ワードプレスはプラグインのGoogle XML SitemapsでXMLサイトマップが作成可能です。
やはり自動生成してくれるので管理がほとんど不要です。
インストールして設定しましょう。

しかし作成するだけではなくサイトマップをアップロードする必要があります。
グーグルサーチコンソールもしくはrobots.txtを利用して設定しましょう。

参考⇒Google XML Sitemapsプラグイン設定方法はこちらから

 

まとめ サイトマップを作成しよう

まとめ
サイトマップの作成はSEO対策の効果やユーザビリティ対策においても推奨します。
HTMLサイトマップとXMLサイトマップの両方を作成。

2つのサイトマップは下記の対策です。

  • HTMLサイトマップはユーザビリティ対策
  • XMLサイトマップはクローラビリティ対策

 

ワードプレスの場合はプラグインを利用する事で、インストール設定後の管理の手間が省けるので推奨します。

  • HTMLサイトマップ=PS Auto Sitemap
  • XMLサイトマップ=Google XML Sitemaps

サイトマップの設置は最低限のSEO対策と認識しましょう。
 


 
  • この記事を書いた人

宮武大輔

ウォーカーネット運営責任者。株式会社フルスペック代表取締役。2012年にSEO・WEB集客・サイトアフィリエイトで起業。現在も複数メディアサイト運営&SEO・MEO対策、ネット集客、マーケティング受注やコンサルティングしている。 詳しくはこちらをクリック→宮武のネット集客・マーケティング配信

-サイト構築・運営

Copyright© ウォーカーネット , 2019 All Rights Reserved.