サイト構築・運営

画像ファイルがサーチコンソールでエラー警告を受けた時

投稿日:2019年7月3日 更新日:

スポンサーリンク

-------

サーチコンソールの画像ファイルインデックスエラー
サーチコンソールのガバレッジで画像ファイルが問題として検出されたと表記があった場合の原因と対策です。

「 サイト https://●●.com/ で「カバレッジ」の問題が新たに検出されました」

このようなメッセージがサーチコンソールにあります。
チェックすると多数の画像ファイルURLがエラーとして検出されていました。

 
ワードプレスは画像を投稿した時点で画像ページを自動で生成します。
画像ファイルとしてURLが作られます。

Googleに画像だけのページが閲覧できるようになっているんですね。

このように画像ファイル名だけのぺージとして生成されています。

テキストコンテンツのまったくない画像ファイルだけのページです。

構造としてはワードプレス内のメディアに格納されてURLが作られるんです。

 
一昔前は画像ファイルもインデックスされていましたが
現在はデフォルトでソースを見ると、インデックスされていない設定になっています。

現在はnoindex設定になっている

※もし画像ファイルだけのページがnoindexになっていなかったら、早急に対応しましょう!

 

しかしなぜサーチコンソールでエラー検出されてしまったのか?

原因はAll in one SEO Packのプラグインの設定です。

プラグインのコンテンツ・サイトマップ設定で画像ファイルも含める選択を行うと、クローラーがサイト内を回った時に「noindexタグのあるページがあるよ」と問題提起されてしまいます。

サーチコンソールに/sitemap.xmlを登録してクローラーが回ってきた際に、画像ファイルも含めていたために起きた現象でした。

宮武
noindex設定にはなっているので、SEO的に低品質のコンテンツとは見なされないのですが、サーチコンソールの警告や画像ファイルが自動生成してしまう環境を改善した方が良いと思います。

(昔はインデックスされてしまっていました。)

ではここから出来る対策を行っていきます。

スポンサーリンク

-------

ワードプレスからの設定の確認

問題になったAll in one SEO Pacの設定確認です。

まずは一般設定から「コンテンツタイプ設定」「表示設定」の部分のチェック。

「コンテンツタイプ設定」「表示設定」

「メディア・添付ファイル」にチェックが入っていると、画像がアップロードされた時に加わってしまいます。
※チェックを外しましょう。

 

次にXMLサイトマップ設定

画像を除外の部分にチェックが入っていないと、サイトマップに画像ファイルページも含まれてしまいます。
※こちらはチェックを入れましょう。

宮武
※XMLサイトマップの初期設定ではチェックは入っていないです。注意。

All in one SEO Packプラグインを利用している人は気をつけましょう。
まずはワードプレスの設定を確認して、画像ファイルが含まれないように再設定をしましょう。

 

サーチコンソールの対処

ワードプレスの設定が終わったら、サーチコンソールの説明になります。
現在の事例では、画像ファイルだけのページがインデックスされていない設定になっていると思います。

引用 https://support.google.com/webmasters/answer/7440203#submitted_but_noindex
送信された URL に noindex タグが追加されています: インデックスに登録するために送信したページのメタタグまたは HTML ヘッダーに、noindexディレクティブがあります。
このページをインデックスに登録するには、タグまたは HTTP ヘッダーを削除する必要があります。

noindexタグが入っているからインデックスできませんという内容

この内容はページURLにnoindexタグが入っているので、インデックスさせるためにはnoindexタグを外す必要があります」というメッセージです。
私としてはnoindexにしたいので、対応する必要はありません。

宮武
サーチコンソールに登録した「/sitemap.xml」に画像ファイルを含めるという設定だったためにおこった出来事です。
ですので次回クローラーが回ってきたときに、/sitemap.xmlに画像ファイルが含めていないので、時間が経過すると自然にエラーは消えると思います。

一昔前の同様の現象の場合は、インデックスされていてサーチコンソールからインデックス削除申請を行う必要がありました。

クローラー訪問時に確認できればOK

現在はすでにnoindex設定になっているので、次回クローラーが/sitemap.xmlに回ってきた時に画像ファイルが含まれていなければ解決です。

 

もしインデックスされている場合

宮武
私の確認不足の場合はお詫びいたしますが、画像ファイルだけのページがインデックスされてされていたら削除申請をだす必要があります。

ひとつずつ個別URLを入力して申請を行っていくのです。
こちらからグーグルにURLのインデックス削除申請出来ます。

今回に限らずインデックス削除したいURLはこの方法で実施できます。

スポンサーリンク

----

 

画像ファイルのページ自動生成をしない設定

また今回が画像だけのページが存在したために発生したサーチコンソールのエラー報告であります。
ワードプレスで画像ページを自動生成させないようにする対策があります。
設定を行えば、今回のようなエラーも存在しなくなりますので設定をしておきましょう。

step
1
ドメインを置き換えて直接アクセス

「https://ドメイン名/wp/wp-admin/options.php」
ドメイン名のワードプレス管理画面URLの後ろに「options.php」を加えて検索窓から直接検索しましょう。

そうすると「全ての設定」という項目がでます。

step
2
この中の「image_default_link_type」の設定を変更

※項目が多いのでCtrl+Fのショートカットでそのまま「image_default_link_type」コピペして検索してみましょう。

step
3
「image_default_link_type」の部分を「none」に変更

何も表記されていない場合は、そのまま「none」を入力します。

step
4
変更を保存して終了

必ず一番下までスクロールして「変更を保存」するのをお忘れないように。

こうする事によって画像ページの自動生成の初期設定で「なし」に変更できます。

 

まとめ プラグインの設定には注意しましょう

まとめ
これで対応としては完了です。
定期的にサーチコンソールでエラーチェックとインデックス数の確認をしましょう。

今回は私の方でAll in one SEO Pacの設定で画像ファイルを含める選択をしたまま、/sitemap.xmlをサーチコンソールにサイトマップ登録したために行ったエラーです。

宮武
ですので設定をきちんとしていればこのページの説明は不要ですね^^

また現在はデフォルトの状態でインデックスされていないのでSEO的には、大きな影響はないかと思います。(きっと)

 
またサイトマップ関連ページもまとめています!

基本情報として知っておいてください

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

宮武大輔

ウォーカーネット運営責任者。株式会社フルスペック代表取締役。2012年にSEO・WEB集客・サイトアフィリエイトで起業。現在も複数メディアサイト運営&SEO・MEO対策、ネット集客、マーケティング受注やコンサルティングしている。 詳しくはこちらをクリック→宮武のネット集客・マーケティング配信

-サイト構築・運営

Copyright© ウォーカーネット , 2019 All Rights Reserved.