サイト構築・運営

ファビコン設置のメリットと方法

投稿日:2019年8月13日 更新日:

スポンサーリンク

-------

ファビコン
ファビコンとはブラウザやお気に入り表示した際に、サイトを判別するためのアイコンです。
お気に入り(favorite)アイコン(icon)でファビコンと言われます。

パソコン表示

パソコンでサイト閲覧した場合、タブ部分にアイコンが表示。
注目するといろいろなサイトにファビコンがある事に気が付くと思います。

スマホ表示

スマホの場合でも、最近では「スマホ検索結果にファビコンが表示」されるようになりました。

 

ファビコンが重要になってきた?

特にスマホ検索時にファビコン表示されるようになり、クリック率も変わる可能性が。

 
一般的にファビコン設定には以下のメリットがあります。

ファビコン設定のメリット

  • お気に入り表示した際にファビコンが表示されるので、覚えてもらいやすい
  • 検索エンジンに表示された際のファビコン表示がユーザーの目に留まる
  • タブをたくさん開いているときに、ホームページの目印になる
  • ホームページのシンボルマークとして愛着が持てる
宮武
「あー、このファビコンはあのホームページか。」というようなサイトを直感的に覚えてもらう補助的な役割があります。

ファビコンは必ず設置する義務はありませんが、メリットを考えた時に設置しておきましょう。

ではファビコンについて詳しくご説明していきます。

スポンサーリンク

-------

 

ファビコン作成のコツ

まずは以下に注意してファビコン設定を行い、faviconファイルを作成しましょう。

デザイン

ファビコンの画像はサイズが小さいので、あまり凝ったデザインにすると見えにくくなります。
ですのでシンボルマークのようなシンプルなデザインをお勧めします。

そしてホームページをイメージできるような配色がお勧めです。
イメージカラーやスタンスに合わせた配色でサイトとマッチすることをお勧めします

 

大きさ

スタンダードな大きさはこの2種類です。
基本的に正方形です。

16px×16px と 32px×32px。

その他にブラウザの種類や用途によっていくつかサイズがあります。

16px × 16px:IE
32px × 32px:Chrome、Firefox、Safari
48px × 48px:WindowsのWeb ページ アイコン
64px × 64px:高解像度 アイコン

作成する際には大きいサイズで

いくつかのサイズを用意する場合は、小さいサイズで作成してから大きくすると画像が荒くなってしまうので、「大きいサイズで1枚作成して後は縮小ツールなどでサイズ調整する」と手間が省けます。

幾つかのパターンでも使えるようにある程度大きくてよいと思います。

 

ファビコンの作成ツール

Photoshopやillustratorなどの画像作成ツールを使っている方は問題ないですが、あまり画像を作成する経験がない方にはファビコン作成ツールが存在します。

ファビコンの無料作成ツールを利用するのも一つでしょう。

ファビコン favicon.icoを作ろう!

https://ao-system.net/favicon/

favicon.cc

https://www.favicon.cc/

xiconeditor

http://www.xiconeditor.com/

favicon generator

https://ao-system.net/favicongenerator/

 
形式としては、基本的には「.ico形式」で作成します。
またpngやjpeg,gifでも大丈夫ですが、 IE10以前のバージョンでは表示されない場合があるらしいです。

宮武
しかし今のブラウザの多くは対応できるので、個人的にはこだわりはありません。

スポンサーリンク

----

 

ファビコンのアップロード

では作成したファビコンをアップロードする方法をご紹介します。
主にHTMLとワードプレスが多いと思います。

HTMLサイト

HTMLサイトの場合は、ファビコンのファイル名でアップロードします。
ウェブサイトのURLが https://●●●.com/ の場合。

ファイルを 「favicon.ico」の名前で作成。

https://●●●.com/favicon.ico になるように、FTPよりアップロード。

URL(https://●●●.com/favicon.ico )を表示した場合、ファビコンの画像が表示されれば、favicon.icoファイルがファビコンとして自動で認識されるようになります。

 
またはHTMLソースのheaderエリア(~内)に以下のコードを追加する方法もあります。

head内に1行加えましょう。

※先にファイル(favicon.ico)はアップロードしておきます
またHTMLの場合は全てのページに追加する必要がありますので、この方法は少し面倒かもしれません。

 

WordPressサイト

WordPressの場合は、(テーマ)テンプレートによってファビコン設置の方法が変わってきます。
良い有料テーマでは、簡単にファビコンを設置する仕組みになっている場合が多いです。

画像ファイルを用意してテンプレートのマニュアルを見ながらアップロードしましょう。

※ちなみに当サイトの有料テーマ アフィンガーでは以下の設定をするだけで簡単にファビコン設定ができます。

アフィンガーのレビューしています。

あとはアップロードしたら、パソコンとスマホの各ブラウザで確認してみましょう。

 

まとめ ファビコン設置しましょう

まとめ
ファビコンを設置することによって、視覚的にウェブサイトを覚えてもらいやすかったりします。
看板・シンボルマークになるのでコロコロ変えるのはオススメできませんが、ファイルはいつでも変更できますし、難しくありません。

以下の項目に注意して作成しましょう。

ファビコン作成の注意点

  • デザインはシンプルにする
  • サイトの雰囲気とマッチさせる
  • 出来ればユーザーの目に留まる

ブランディング要素が多少ありますので、もし長期的なサイトやビジネスを運営していくのであれば設置することをお勧めします。
 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

宮武大輔

ウォーカーネット運営責任者。株式会社フルスペック代表取締役。2012年にSEO・WEB集客・サイトアフィリエイトで起業。現在も複数メディアサイト運営&SEO・MEO対策、ネット集客、マーケティング受注やコンサルティングしている。 詳しくはこちらをクリック→宮武のネット集客・マーケティング配信

-サイト構築・運営

Copyright© ウォーカーネット , 2019 All Rights Reserved.