ネット・サイト環境

エックスサーバー新規登録とドメイン設定の手順

投稿日:2019年8月2日 更新日:

スポンサーリンク

-------

エックスサーバー登録とドメイン設定
エックスサーバーの新規契約からドメイン設定方法をご紹介していきます。
毎月1,000円台の同価格では、圧倒的なパフォーマンスと安定性からエックスサーバーを推奨。
※無料お試しが10日間あるので安心だと思います。

当サイトもエックスサーバーを利用しています。

宮武
エックスサーバーがなぜお勧めか?というのは別ぺージに掲載しています。

ではさっそくエックスサーバーの契約から始めましょう。

 

エックスサーバーを新規契約します

ではまずサーバー契約をする必要があります。
契約の手順を詳しくご紹介していきますので、参考にしてください。

 

step
1
「お申し込みはこちら」をクリック

エックスサーバー公式サイトにアクセスしていきます。
→エックスサーバー公式サイト

お申込みはこちら

step
2
新規お申込みを選択します

始めてご利用のお客様を選択します。

新規お申込み

step
3
サーバーIDを決めて必要情報を入力します

サーバーIDを決めます。自分の覚えやすいIDで良いと思います。
※一度決めると変更はできませんのでご注意ください。

宮武
またプランが幾つかありますが、最安値の「X10プラン」で良いと思います。
当サイトも「X10プラン」で契約しています。

※契約後にプラン変更は可能です。

サーバーIDを決める

step
4
同意をクリックして「お申込み内容の確認に進む」に進みます

必要事項を入力して進みましょう。

お申込み内容の確認に進む

step
5
電話認証が必要ですので、携帯電話を入力します

現在は電話認証を行う必要があるようです。

携帯電話を入力

step
6
認証コードを受信してください

メッセージか音声か選択できます。

認証コードを受信

step
7
携帯に届いた認証コードを入力します

5桁のコードを入力しましょう。
認証コードを入力

step
8
入力したら完了です。

エックスサーバーの契約完了画面に切り替わります。

エックスサーバーの契約完了

 

(完了画面が画面がでれば、新規契約は終了です。

※10日間無料ですので、もしサーバーが気に入らなければお金を払わず終了できます。

 

(メールアドレスにアカウント設定完了のお知らせが届きます。

このメールをなくさないようにしてください。

メールアドレスにアカウント設定完了のお知らせ

ユーザーアカウントとサーバーアカウントは今後も継続して必要です。
ユーザーアカウントとサーバーアカウント

これでエックスサーバーの契約終了です。

 

エックスサーバーの料金を払います

10日間の無料期間が設定されています。
この期間にお支払いしましょう。

宮武
ドメインやワードプレス設定を行っても、10日間の無料期間が過ぎれば基本的に復旧が面倒です。もし問題なければ先に支払ってしまいましょう。

step
1
インフォパネルをクリック

エックスサーバー公式サイトにアクセスしていきます。
→エックスサーバー公式サイト

インフォパネルにログインします。

インフォパネルにログイン

step
2
会員IDとパスワードを入力

※新規登録完了時のメールにある「ユーザーアカウント情報」の会員IDとメールアドレスを入力します。

会員IDとパスワードを入力

step
3
料金のお支払いをクリック

ログインすると、インフォパネル画面に出ます。
サイドバーから決済関連の料金のお支払いをクリックします。

料金のお支払いをクリック

step
4
更新期間を決定しましょう

チェックを入れて、更新する期間を選択します。
3か月・6か月・12か月・24か月・36か月から選べます。
お好きな期間を選択してください。

更新期間を決定

step
5
更新期間を決定しましょう

銀行振込・クレジットカード・コンビニエンスストア・ペイジーから選べます。
選択して入金すれば完了です。

選択して入金

※クレジットカードを選び、その後は自動更新設定にすれば、料金未払によりサーバーが止まってしまう事はなくオススメです。

宮武
契約更新を自分で覚えておくことと、その都度の支払いが意外に面倒です。
クレジットカードで支払って、すぐに自動更新設定にしましょう。

これでエックスサーバーのお振込みは終了です。

 

ドメインの設定を行います

では最後にエックスサーバーにドメインの設定を行います
取得したドメイン設定を行い、インターネットにアクセスした時に表示するようにしましょう。

step
1
サーバーパネルをクリックします

エックスサーバー公式サイトにアクセスしていきます。
→エックスサーバー公式サイト

サーバーパネルをクリックします。

サーバーパネルをクリック

step
2
IDとパスワードを入力します

登録したメールアドレスに届いたサーバーアカウントのIDとパスワードを入力します。

IDとパスワードを入力

step
3
ドメイン設定をクリック

ログインするとサーバーパネル管理画面に切り替わります。
そのままドメイン設定をクリックします。

ドメイン設定をクリック

step
4
ドメイン設定を入力します

ドメイン設定追加のタブをクリックして取得した独自ドメインを入力します。
※https(http)は省いて入力しましょう。

ドメイン設定を入力

  • 無料独自SSLを利用する
  • 高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)

この2つはチェックを外す人もいますが、特別こだわりがなければそのままチェックを入れましょう。

宮武
特に独自SSLはチェックを入れることを推奨します。

step
5
追加をクリックします。

独自ドメインのネームサーバーが「エックスサーバー」に設定されていれば下記の画面になります。
追加をクリック

※独自ドメインのネームサーバーが未設定の場合は、このような画面が出ます。

ドメインのネームサーバー設定は先に

先に独自ドメインのネームサーバー設定を行う必要があります。

ドメイン未設定

step
6
これで独自ドメイン設定が完了です

問題がなければこのような画面になります。

エックスサーバーの独自ドメイン

step
7
サーバー設定が反映されるまで少し時間がかかります

ドメインのネームサーバー設定、
そしてサーバーのドメイン設定がネットに反映されるまでに少し時間がかかります。

反映待ち

時刻によっても変わりますが、約1~2時間程度かと思います。
少し待ちましょう。

step
8
エックスサーバーの画面が出ればOKです

1~2時間後、ドメインやサーバー設定が正しければ、この画面が出ます。
URLにアクセスした際にエックスサーバーが表示されます。
エックスサーバーの画面

これで設定は終了です。
ひとまずお疲れ様でした。

ドメインにアクセスするといつでも閲覧できるようになりました。
ここからサイトをアップロードしていくことになります。

スポンサーリンク

-------

 

エックスサーバーの新規契約からドメイン設定までは以上です

せっかく設定したのに無料期間が終了して、また新たに新規契約→ドメイン設定をするのが面倒です。

宮武
個人的には非常に使いやすいサーバーパネルだと思いますし、安定していますので早めに料金支払いを推奨します。

ドメインとサーバー設定が完了しましたら、次はワードプレスのインストールに進みます。
 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

宮武大輔

ウォーカーネット運営責任者。株式会社フルスペック代表取締役。2012年にSEO・WEB集客・サイトアフィリエイトで起業。現在も複数メディアサイト運営&SEO・MEO対策、ネット集客、マーケティング受注やコンサルティングしている。 詳しくはこちらをクリック→宮武のネット集客・マーケティング配信

-ネット・サイト環境

Copyright© ウォーカーネット , 2019 All Rights Reserved.