ネット・サイト環境

失敗しないワードプレステーマ(テンプレート)の選び方

投稿日:2019年6月6日 更新日:

スポンサーリンク

-------

ワードプレステーマ
ワードプレス(WordPress)のテーマの選び方・探し方に困っていませんか?
有料・無料テンプレート(テーマ)がたくさんありすぎて、何を基準に選んだら良いか迷ってしまいますよね。

でも自分の理想のテーマに巡り合いたいと願うもの。
 

宮武
実は最近、当サイト「ウォーカーネット」のワードプレスのテーマを変えました。
これまではオウンドメディア対応のテンプレートが欲しい理由でとあるオウンドメディア塾提供のワードプレスのテーマを使っていました。
しかしサイト運営をしていく中で、使用感とテーマの使いやすさ、装飾の種類なども含めて、現在販売されている有料テーマ・配布されている無料テーマをくまなく観察してみました。
宮武
結果として、最終的に5つに絞りかなり迷ったのですが、当サイトはアフィンガーを利用させていただいています。

感想としてアフィンガー使い心地は「かなり良い」です。
⇒アフィンガー公式サイト

 
実は当社でもワードプレスのテンプレート販売した経験もあるんです。
(対象テンプレートはすでに他社にビジネス譲渡しています)

長年ワードプレスを利用していて、やっぱりテーマ選びは重要だなと再確認。
今回はワードプレステーマの探し方・選び方について思うところが徹底追求しました。

まずはサイト運営の目的、集客キーワードやターゲットを考えてテーマを選びましょう。

主なテーマの分類はこの4種類

  • ランディングページ型
  • オウンドメディア・キュレーションタイプ型
  • コーポレート型
  • アフィリエイト成約型

 
そしてワードプレステーマの選択ポイントは以下を参考にしてください。
結構重要な項目です。

以下の基準でワードプレステーマを選びましょう

  • 装飾がしやすい設定
  • マニュアルの完備
  • サポートがしっかりしている
  • SEO対策済みテーマ
  • サイトのレビューやSNS口コミやツイートの評判が良い
  • バージョンアップや不具合対応は頻繁にしているか?
  • アフィリエイト提供しているか?
  • サイトデザインが良いか?
  • ユーザビリティーが良いか?

では一つずつ詳しく解説していきます。

 

何のためにワードプレスを運営するのか?

サイト運営の基準
先ほどもお伝えしましたがワードプレスでのサイト運営の使用する目的を確認しましょう
もちろんホームページの使用する「目的」によって選ぶテンプレートが変わります。

  • ランディングページ型
  • オウンドメディア・キュレーションタイプ型
  • コーポレート型
  • アフィリエイト成約型

 

ランディングページ型

ランディングページは訪問したユーザーにお申し込みや購入をしてもらうためのテンプレートです。
基本的に1カラム。
ユーザー行動としてはお申し込みのボタンを押す・電話をかけるorサイト離脱するかの二者択一になります。

会社概要と特定商取引などの情報ページ以外は、サイト上に他ページに移動するリンクがなく、訪問したユーザーに対して意味のない離脱を防ぐ構造。
SEO対策構造よりいかに購入率を上げるかについて考えられたテンプレートです。
 

オウンドメディア・キュレーションタイプ型

オウンドメディア・キュレーションタイプ型は情報提供を目的としたテンプレートです。
ページビューが多いほど良い結果を生み出し、ロングテール集客とユーザーがサイト回遊してもらう事が目的。

ランディングページ型とは真逆で、常にページ離脱を防ぐためのサイト構造が重要になってきます。
 

コーポレート型

コーポレート型は企業・会社案内などを目的としています。
デザイン重視で名刺代わりのホームページとして使われます。
営利目的よりも会社の雰囲気や業務内容、広報、地域活動など会社のカラーを出すような目的ですね。
 

アフィリエイト成約型

アフィリエイト成約型は訪問したユーザーにアフィリエイトリンクをクリックしてもらうために使われます。
ランディング型との違いは、複数の商品を1ページに表示することも多く比較、ランキング口コミ、体験談など、さまざまな商品紹介情報を載せるようなイメージ。

幾つかのフォーマットが用意されていて、いかにページを早く簡単に作れるか?がポイントになっています。
またSEO対策済みの構造で上位表示しやすい設計になっている事も重要ポイントです。

この他にもネットショップ型やリスト収集や映像配信など種類がありますが、大きく使われる種類は4種類です。

 

ワードプレステーマの選択ポイント

ワードプレステーマの選択ポイント
用途によって選ぶ種類は変わっていきますが、選択の際にポイントはほぼ一緒です。
ここからはワードプレステーマを選ぶときの基準・項目についてご紹介します。

 

1,装飾がしやすい設定

記事を装飾する理由としては、ユーザーに記事を読んでもらうための対策です。
記事コンテンツをアップする際に、ただのテキストの羅列では訪問ユーザーが読みにくく、ユーザー離脱率を防ぐためになるべく文章を読みやすく装飾をする必要があります。

ですので文章装飾しやすい設定と豊富なバリエーションが選択の決め手になります。

  • アフィリエイトサイトでは、比較ランキングページや、商品体験ページ、画像とキャッチコピーとリンクがセットになった装飾があるか?
  • またその他にも写真とテキストを当てはめるだけでレイアウトの良い装飾があるかどうか?
  • 今はEATが重視されているので、この記事は誰が書いたかということが重要です。
  • 運営者情報がしっかりとデフォルトで掲載するような装飾があるか?

サイト作成に慣れてくると、他サイトの装飾の良い所のCSSをチェックして自分のサイトに取り入れたりします。
しかし良いワードプレステーマは種類も豊富で、簡単に装飾が出来るんです。

宮武
アフィンガーもそうですが、良いワードプレステーマはページを作っていても楽しいですし、ユーザーに飽きてもらえないコンテンツを作ることができます。

 

2,マニュアルの完備

良い販売テンプレートはマニュアルが充実しています。
細かい設定方法や、インストールから順番にサイトを完成するまでの工程がマニュアルで解りやすい事が良いです。

特にテーマ初期設定は、誰もが面倒に感じます。
上手に初期設定ができるかがマニュアルが充実しているか?の部分ですね。
良いマニュアルは、初期設定からサイト公開まで、順番に案内をしてくれる構造になっています。

またQ&Aの設置やユーザーの質問が多い部分を追加掲載したり、マニュアル最適化を稼働しているテーマ販売を選びましょう。

 

3,サポートがしっかりしている

サポート体制も大事です。
やはり初期設定が出来なかったりテーマ不具合が起きた場合、サポートに質問する必要があります。

電話対応してくれる販売者は、現状ではほとんどありませんが、わかりやすく丁寧なメールが返ってくること。
そしてレスポンスが早い事です。

ココがポイント

単に「マニュアルの何ページに書いていますので確認してください」だけではなく、マニュアル掲載以外にもサポート情報がある販売者が良いですよね。

 

バージョンアップ時に、既に使っているテンプレートを簡単にバージョンアップできるのもポイントですね。
これはカスタマイズして使っている方限定ですが、バージョンアップしたテンプレートを使う場合は、基本的にカスタマイズ部分が全部消えてしまいます。

自分で対象ファイルを入れ替えるのは大変です。
良い販売者はカスタマイズしている人用にバージョンアップ対応の方法を別途伝えたりしています。

 

4,SEO対策済みテーマ

現在のテーマはほとんどSEO対策済みと表記されていますが、最低限SEO対策している事が必須です。

やはり装飾のCSS設定やページの読み込み速度、今はモバイルファースト対応しているテンプレートがお勧めです。
主なSEO対策済み項目はいかの通りです。

  • CSS設定
  • モバイルファースト対応
  • ページ読み込み速度
  • パンくずリスト設定
  • 関連記事のデフォルト表示
  • 内的リンク最適化構造
  • Hタグ手動設定
  • 各リンクの密接度

補足としてじゃHタグを手動設定できる事もお勧め。

テンプレートによってはページタイトルや小見出しのH1、H2、H3タグが自動設定されてしまいます。
個別設定が不要で一見楽なんですが、SEO対策を細かく考えたときに自分でHタグは調整できた方が良いと思います。

また既にモバイルファーストの時代です。

テンプレートによってサイトの読み込み速度が変わります。
これはサイトのソースが綺麗か、余計なタグがないか、ファイルも含めて重たくないか?などが関係しています。

サイト読み込み速度もテーマによって結構変わります。
以前使っていたテーマが読み込み速度はあまりよくなく、テーマを変えようと思った1つの原因でもあります。
ただ5Gに時代が変わると、ウェブの速度はどうなるかはちょっと現時点では不明、これは現在の4Gの話です。

 

5,サイトのレビューやSNS口コミやツイートの評判が良い

今回良いワードプレステンプレートを探すにあたり、やはり実際に使用しているユーザーの生の声を調べました。

近年はワードプレステーマの種類も増えて無料でも使いやすそうなテンプレートが増えました。
ただ数が多い分、情報量も多いんですよね。
やはり実際に使っている人の体験談の情報収集は必須です。

  • 実際に使いやすいかどうか?
  • サポート体制はよいか?
  • アフィリエイトシステムを使っているか?
  • どんな人が使っているか?
  • 初心者でも使えるテンプレートか?

注意点はアフィリエイトシステムを使っているテーマや盲目的に崇拝している方もいらっしゃいます。
純粋な評価ではなく営利目的や信仰心から感想を述べている場合もあり、その点は注意しましょう。

 

6,バージョンアップや不具合対応は頻繁にしている

テーマ構造の適応は検索アルゴリズムやユーザビリティーによって基準が変化しています。

  • 大丈夫だったのが、検索アルゴリズムの変化によってレイアウトが検索エンジンに最適化されなくなる
  • またスマホユーザーの比率が多くなり、PC基準のレイアウトではユーザーが使いにくい
  • 各apiやjavascriptなどの不具合修正

などなど検索アルゴリズムと時代に応じて、良い基準は変わっていくものです。
良いテンプレート提供者は、このような状況に即座に対応してバージョンアップや不具合対応しています。

以前、私はとあるテンプレートを購入して初期設定しようとしたら、H1タグを入れる場所がありませんでした
仮作成してソースを見ても、どこにもH1タグがなかったので運営者に質問してもレスポンスが遅い。
どうやら販売しているテンプレートにH1タグがどこにもないという珍事。

一つの質問メール送受信に3~4日費やして、やっと特別にソースを追加するよう指示を受けてそのサイトはH1タグを入れましたが、その販売者はバージョンアップをすることもなく、今もH1タグがないテンプレートのまま販売しています。

実際にそういうあまり良くない販売者も存在します。

 

7,アフィリエイト提供している

これは購入レビューしてアフィリエイト展開を希望する人に限ります。

あと自分が使っている商品なので購入レビューもしやすくユーザーに良いコンテンツが出来やすいですね。
ほとんど確実にアフィリエイトでテーマ購入費用はペイできます。

ただ現在、こんな時代でアフィリエイト成果報酬の意味不明な不承認話がちょこちょこ聞かれます。
販売者側で勝手に成果を悪質なキャンセル設定にしている噂もあります。
良くない販売者は「明らかなアフィリエイト報酬非承認」が噂されるのでその点も気をつけましょう。

 

8,サイトデザインが良い

一昔前では「テンプレートの綺麗さよりコンテンツが大事だよ」と言われる時代もありました。
しかし現在はインターネットで検索しても綺麗なサイトばかりです。
ジャンルにもよりますが、今は綺麗なデザインのテンプレートを選びましょう。

そしてデザインも購入者側で簡単にカスタマイズできるテーマを選びましょう。

  • サイトの幅
  • 配色の種類
  • ボタン設定
  • CTA設定
  • ヘッター環境
  • フッター環境
  • ファビコン

同じく基準としてモバイルファーストの時代でスマホ閲覧した際に見やすいデザインが良いです。

 

9,ユーザビリティーが良い

アクセスしたユーザーが扱いやすいテーマが良いです。

  • 各SNSボタンをクリックしやすい設定か?
  • ユーザーが離脱しないようなレイアウト・ページ構成か?
  • グローバルメニューやフッターリンク、サイドバー等の構成が調整できるか?
  • あと電話・問い合わせがしやすい構造なのか?

実際に自分が使ってみた時に、扱いにくいなと感じたらユーザーも一緒です。
せっかく良いコンテンツを更新しても、テーマの関係でユーザビリティが悪いのは避けましょう。

完全にテーマによって構造が変わりますので、ターゲットユーザーを想定して目的にあったテーマをお勧めします。

 

テーマ選びの注意点

テーマ選びの注意点

ワードプレステーマは無料でも良いのか?

ワードプレスが完全に主流になった現在は無料でも使いやすいと評判のテンプレートはいくつもあります。

無料テーマの場合

ただ無料の場合は、使用の際のメールアドレスや使用者情報の登録もしくはサポート環境、インストール方法の難易度や緊急時対応も含めて制限がありますよね。

ある程度、ワードプレス使用経験のある人が対象になると思います。
初心者の方、未経験の人は環境の整ったテーマをお勧めします。

頻繁にテーマは変更しない

基本的に装飾部分はテーマによってタグが変わります。
一度テーマを選択してある程度運営していった中で、テーマを変える時は修正項目が比例して多くなります。
数百ページあるサイトなどは、装飾変更するだけでもかなりの日数を要します。

またカスタマイズ部分も一緒です。
特に外部プログラムやカスタマイズはテーマを変えると再設定が必要です。
安易にテーマはコロコロ変えるものではありません。
ですのでしっかり調査・比較してテーマを選びたいものです。

 

まとめ

まとめ
ワードプレスのテンプレートは無料・有料も良い商品がたくさんあります。
しかし種類も多く、サイト運営の目的やターゲットによって選択する必要があること。

年々、テーマのレベルは全体的に上がっていますが、中には微妙なテーマも存在するのも事実。
詳しくない方や初心者でも簡単に使えるテーマが良いですよね。

宮武
私の場合ですが、別ページでも作成予定ですが、ワードプレステーマを探していたら幾つか候補が上がりました。

個人的にお勧めするテーマ5選

  • JIN
  • アフィンガー
  • SANGO
  • DIVER
  • 賢威(すでに持っている)
宮武
実は迷いに迷い、数十のテンプレートから選びに選びぬいた厳選5つでした。
その中で選んだのがアフィンガーだったんですよね。

もちろん複数のテーマを、サイトによって使い分けいます。
複数使用する事によって始めて比較が出来るものです。
(ちなみに次はJINにしようと思っています^^)

宮武
アフィンガーを選択して使っていますけど、ページを作成するのが楽しいです^^
いろいろな装飾も用意されていて、しかもユーザビリティも良い。

購入レビューを掲載しています。


 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

宮武大輔

ウォーカーネット運営責任者。株式会社フルスペック代表取締役。2012年にSEO・WEB集客・サイトアフィリエイトで起業。現在も複数メディアサイト運営&SEO・MEO対策、ネット集客、マーケティング受注やコンサルティングしている。 詳しくはこちらをクリック→宮武のネット集客・マーケティング配信

-ネット・サイト環境

Copyright© ウォーカーネット , 2019 All Rights Reserved.