ネット・サイト環境

サイト・ブログ運営のスタートアップ設定の種類・手順

スポンサーリンク

サイトやブログ運営のスタートアップ設定

宮武
このページから、サイトやブログの始め方・アクセスを集めていくスタートアップとして順番に解説していきます。

このページを見てほしい方

  • サイトやブログ運営を行ったことがない方
  • 簡易的には経験があるが本格的にサイト・ブログ運営を行ってみたい
  • 独学で行っているがイマイチ自信がない
  • 既に運営しているが思ったほど成果が出ていない
  • 自分が実践している内容が正しいか確認したい
  • どうやって進めてよいか解らない

一つでも当てはまる方、特に自分が初心者だと思う方は見て頂ければと思います。

 

実際に何をすればよいのか?

最初に設定すること

まずはウェブサイトやブログ運営を行っていくにあたり、初期環境を設定します。

  • 独自ドメイン
  • サーバー
  • サイトテンプレート(テーマ)

基本的にこの3つを最初に設定しておく必要があります。
ドメインとサーバーを用意して、それからテンプレートを用意します。

宮武
ドメインに関して=無料ブログや無料ホームページもあるのですが、長期的なSEO対策を考えた際に独自ドメインの運営をお勧めします。

特に経験のない人は難しく感じるかもしれませんが実際には簡単です。

そして実際には以下の順番でサイトやブログを始めるための初期設定を行います。

サイト環境の設定する順番

  1. ドメインを取得する
  2. サーバーを契約する
  3. SSL化設定を行う
  4. ワードプレスをインストール設定する
  5. テーマ(テンプレート)設定
  6. ワードプレス初期設定
  7. プラグイン設定
  8. FTP設定する

ではサイトやブログの初期環境設定の順番について進めていきましょう。

スポンサーリンク

 

独自ドメインの取得

ドメイン設定

まずは独自ドメインを取得する所から始めます。

まだドメインがない方・無料ブログから独自ドメインに移行したい方は参考にしてください。
(すでに独自ドメインを持っている方は、新たに取得する必要はありません。)

では独自ドメインの取得をしましょう!

独自ドメインはこちらの会社から取得できます

ムームードメイン

お名前コム

スタードメイン

独自ドメインの選び方や注意事項に関しては下記ページにまとめています。
※一度取得すると変更は出来ません。
もし知識に自信のない方は先に下記ページの参照をお勧めします。

内部リンク独自ドメインの基本情報と失敗しない選び方

ご紹介したドメインに関するページにも紹介していますが、「ドメイン=住所」です。
兎にも角にも最初にドメインが必要になります。

一番先にドメインの取得を行いましょう。

 

サーバーを選ぶ

サイト設定

独自ドメインを取得した次は、サーバーを契約する必要があります。

作成したサイトやブログをインターネット上に公開するために、契約するサーバーを経由してアップロードされます。
ですので、ドメインの次はサーバーを契約します。

特別なプログラムを利用しない通常のサイト・ブログ運営の場合月額1,000円から2,000円前後で大丈夫です。

このくらいの価格帯でサーバーを選びましょう。
ちなみに当サイトのウォーカーネットではエックスサーバーを契約しています。

宮武
この価格帯の中で、ワードプレス運営をするには「圧倒的に」エックスサーバーがオススメです。
エックスサーバーを使っている本音。
当社では10年間、エックスサーバーを契約して使っています。その感想と評価をページにしています。

内部リンクエックスサーバーを使っている本音と評価

エックスサーバーは基本的なスペックも高く、運営していて不具合もほとんどありません。
一般的にはSSL設定は有料なサーバーが多い中、エックスサーバーでは無料。

管理画面の使いやすさ、設定なども高スペックなのに初心者向けだと思います。
公式ホームページからスペックや価格をチェックしてみてください。

エックスサーバー公式サイト

 

新規エックスサーバーの契約・ドメイン設定の方法
もしエックスサーバーを新規契約する方に向けて、新規契約からドメインの設定手順まで解説しています。

内部リンクエックスサーバー新規登録とドメイン設定の手順

★エックスサーバー「以外」で検討している方。
もしエックスサーバーではなく違うサーバーも検討したいという方へ。
レンタルサーバー選びはこちらを参考にしてください。徹底解説しています。

内部リンクレンタルサーバーの選ぶときのポイント

 

SSL化設定を行う

SSL設定

ドメインをSSL化=httpsに変更設定します。

ドメインとサーバー設定からワードプレスの初期設定を行ったら、最初にSSL化をしておきます。
大事なウェブサイトやブログを守るため、そしてSEO対策のために行います。
これからの時代にはSSL化は必須項目になりました。

SSL化を行うとドメインが「http」から「https」に代わります。
運営の途中でSSL化すると、ドメインが変更になっていろいろ再設定が大変になります。
ですので最初に行う事を推奨します。

SSL化に関する情報
現在はSSL化が必須対策です。基礎知識は知っておきましょう。

内部リンクSSL化とは?有効性と設定前の知っておくこと

エックスサーバーのSSL化設定の手順を解説しています。

内部リンクエックスサーバーのSSL設定方法(図解入り)

 

ワードプレスのインストール

ワードプレスインストール

次はワードプレスのインストール作業です。

ドメインとサーバーをインストールしたら、次はワードプレスのインストール作業です。

宮武
一般的になサイトやブログ運営にはHTMLサイト・ムーバブルタイプ(MT)・ワードプレス(WP)の3種類があるのですが、間違いなくワードプレスを選択する事をお勧めします。

現在はほとんどのサーバーからワードプレスの自動インストールが可能。
サーバー管理画面から進み設定します。
(実際の方法は各サーバ―によってやり方が変わりますので、サーバーのマニュアルを参照してください)

 
インストールが完了したら、独自ドメインにインストールされたワードプレスのログインの管理画面やID/PWが伝えられます。
実際にログインしてみましょう。

エックスサーバーを事例としてワードプレス設定方法をご紹介しています。
サーバーからワードプレスをインストールして、初期設定するまでの手順です。

内部リンクエックスサーバーからワードプレスをインストールする手順

 

テンプレート設定

テーマ設定

ワードプレスをインストールしたらテンプレートを設定します。

宮武
無料で使えるワードプレステーマ(インストール)もあるのですが、デザインや機能面でも有料のテーマをお勧めします。

現在は良いデザインのサイト運営が必須。
良いコンテンツページを提供しても、デザインが良くないとユーザーの印象が変わってしまう事も多いです。

有料テーマ(テンプレート)のメリット

  • デザインが綺麗
  • ページ装飾(レイアウト)が豊富で簡単
  • サポート環境がある
  • マニュアルがあり使いやすい
  • ℠EO対策済のテーマが多く上位表示に有利

見た目が良いと与える印象が変わるのは一つの真意。
デザインが良く装飾しやすいテンプレートを選びましょう。

テーマ(テンプレート)を選ぶときの基準は?
数あるワードプレステーマの中からどうやって選んだらよいか?選び方について解説。

内部リンクワードプレステーマ(テンプレート)の失敗しない選び方のコツ

 

当サイトではアフィンガーを採用しています。
※このサイトはアフィンガーで作られています。
評判の良い有料ワードプレステンプレートは幾つかありましたが、吟味した結果アフィンガーにしました。

アフィンガー公式サイト

 

アフィンガー感想レビュー
アフィンガー(AFFINGER5)の購入レビューについて使ってみた感想を「赤裸々」にご紹介しています。

内部リンクアフィンガーを使ってみた正直な感想です

ただしアフィンガーにも勝るとも劣らない素敵なテンプレートも複数あります。
もしワードプレステーマを探している途中の方へ。
最後まで迷った優良テーマ5選はこちらに掲載。

内部リンクお勧めできるテンプレートテーマ(テンプレート)5選

 

ワードプレス初期設定

ワードプレス初期設定

ワードプレスの初期環境を整えます

ワードプレスを使う前に最低限の初期設定を行っておく必要があります。

これらの設定を先に行っておきましょう。

  • 一般設定=サイトタイトルやURL・登録アドレスなどの基本設定
  • 投稿設定=基本的な投稿やPing設定
  • 表示設定=TOPページの表示などをの設定
  • ディスカッション設定=コメントやピンバック設定
  • メディア設定=画像ファイルの大きさ設定
  • パーマリンク設定=記事URLの設定

特にパーマリンクの設定を行っておかないと記事URLが変わってきますので、先に設定をしましょう。

ワードプレスの初期環境
サーバーからワードプレスをインストールしてから、使えるようにする初期設定するまでの手順です。
※テーマ(テンプレート)に関係なく共通事項です。

内部リンクワードプレスの初期設定の方法・手順

 

プラグイン設定

プラグイン設定

利用必須なプラグインをインストール・有効化します

ワードプレスを使う前に最低限の初期設定を行っておく必要があります。

ワードプレスを運営する際に効率的な運営を行うためには、初期設定の段階でプラグインを幾つかインストールする必要があります。

プラグインはワードプレスを円滑に運営できるプログラムの事。
さまざまな種類が存在します。

主なプラグインの種類

  • SEO対策
  • サイト表示
  • セキュリティ
  • 画像・動画関連
  • SNS関連
  • データバックアップ
  • サイト制作・装飾

有名なプラグインからそうでもないものまで多数存在します。

 

サイト環境を整える場合として、最低限以下のプラグインはインストールして有効化しておきましょう。

宮武
私が推奨する「最低限」使っておきたい初期設定時のプラグイン
お勧めプラグイン一覧
初期設定時に使いたいプラグインはこちらです。参考になれば幸いです。

内部リンクSNS系プラグイン

内部リンクSEO系プラグイン

内部リンクアドセンス・アフィリエイト広告系のプラグイン

内部リンクセキュリティ係のプラグイン

内部リンクサイト作成・運営系のプラグイン

 

スポンサーリンク

----

FTP設定

FTP設定

FTPをインストールしていくと後々活用できます

現在はワードプレス内で全て完結できるので、もし個別にサーバーにアップロードする必要がある場合のみです。
FTPといってファイルを直接アップロードする場合に使用します。
HTMLファイルや画像ファイルなどをサーバーにアップロードする場合、FTPの環境設定を行っておきましょう。

 
当サイトではFileZillaを利用しています。

主なFTP

宮武
※もしインストールや使い方に自信がない場合は、今すぐでなく後ほどでも良いです。
FTPとは?
まずはFTPの基本情報を知っておくのも良いでしょう。
少し専門的ですがサイト作成・運営には欠かせません。

内部リンクFTPとは?FTPの基本情報

 

まとめ 初期設定は正しく行いましょう

まとめ
以上がサイトやブログのワードプレスを使った初期設定です。

工程としては多く感じるかもしれませんが、難しくありません。
実際に行ってみると初心者の方でもできますので、ぜひ独自ドメイン+サーバー+ワードプレス設定を推奨します!

長期的に見ると無料ブログはもったいない

設定が簡単な無料ブログも否定はしませんが、やはりドメインの「間借り」をしているので、長期的に見るとSEO的に不利になります。

また常に無料ブログ会社からの広告の差し込みが入り、収益化の部分で損をします。
そして広告排除をするための有料プランは正直もったいないです。

 
ドメイン・サーバーを契約してテーマ(テンプレート)を設定して、ワードプレス初期設定が完了すればいよいよサイト運営に入ります。

宮武
サイトやブログの企画・サイト構成に進んでください。

サイト設計が成功のカギを握ります。

ウォーカーネットstep講座2
※すでにサイト運営されている方も、再構成のために約に立ちます。
 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

walker-net運営事務局

当サイトwalker-net.jpの運営事務局です。株式会社フルスペックとして2012年よりSEO対策・WEB集客を中心に活動。SEO/MEO/インターネット集客やマーケティング・ビジネスに関する情報を更新しています。 

-ネット・サイト環境

© 2020 ウォーカーネット