1. TOP
  2. セピアカラーで写真に雰囲気をもたせる

セピアカラーで写真に雰囲気をもたせる

フォトショップ
この記事は約 3 分で読めます。

Photoshopでは、写真をさまざまな形に加工ができるわけですが、写真そのものの色味を変えてしまう事もできます。

カラーバランスを使ってレトロ風に写真加工する

普通のカラー写真では物足りない。
ちょっとレトロちっくにオシャレな雰囲気の写真を作りたい…
なんてときは、「カラーバランス」を使って写真をセピア風にしてみるのはいかがでしょうか?

「セピア風なんて難しそう」なんてことはまったくなく、カラーピッカーをいじくるだけで簡単に完成してしまうのです。

フォトショップを使った実際の手順

まず、加工したい写真をPhotoshopで開きます。

一応念のため元の写真は原本としてとっておき、コピー&ペーストで複製したものに加工を施していきます。

原本がそのままあれば、いくつものパターンが試せますね。
もちろん、原本の写真は見えないように非表示にしておきます。

最初は「カラーバランス」を適用した際に、その変化がわかりやすいようにします。

つまり下地作りです。

下地作り

「イメージ」メニューにある「色調補正」「彩度を下げる」という項目を選択します。
すると、写真はカラーを失い、白黒写真状態となります。
これで下地は出来上がり。

セピア風に色付け

次はいよいよセピア風になるように色を付けていきます。
「イメージ」メニューにある「色調補正」「カラーバランス」の調整ウィンドウを表示させます。
この「カラーバランス」は3つの視点から色味を変えることができます。
シャドウ・中間色・ハイライトとありますので、それぞれに対して必要な調整を施します。

セピアカラーの概念

ちなみに「“セピアカラー”ってどんな色なの?」と思われますが、実は確かな決まりはありません。

一般的には茶褐色や暗褐色のモノトーンのことをいいますが、黄色が強い仕上がりになったり、赤みが強い仕上がり、はたまた青みが強い仕上がりと…いろいろな風合いをひっくるめている部分もあります。

下は、黄色と赤を意識して作ってみたものです。

セピアカラー調整前

そして、ちょっとダークなイメージで作ったのが下となります。

セピアカラー調整後

ちょっとレトロっぽくしたいな…という時に便利な「カラーバランス」
昔の写真などの、実際に色あせた写真を参考にしながら調整してもいいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

インターネット集客・マーケティングサイト【ウォーカーネット】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インターネット集客・マーケティングサイト【ウォーカーネット】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

walker-net運営事務局

walker-net運営事務局

当サイトwalker-net.jpの運営事務局です。インターネット集客やマーケティング・ビジネスに関する情報を更新。

この人が書いた記事

  • 色で悩む

    便利!ウェブページ配色で悩んだ時のカラーツールサイト

  • 仮想通貨取引所

    仮想通貨の取引所・販売所選びはこれを覚えてほしい

  • 仮想通貨・ビットコインの積立投資が凄い!?

  • 仮想通貨の歴史

    仮想通貨・ビットコインの歴史を知っておこう

関連記事

  • 夜景写真をもっとドラマチックに

  • まるでメイクをしたよう!素肌が綺麗になる方法

  • フォトショップで雨が降っていない写真に雨を降らせてみました

  • CameraRaw(カメラロー)ってなんですか?

  • スマートオブジェクトってなんですか?

  • ソフトフォーカス調のやわらかな印象に