1. TOP
  2. 魚眼レンズ風の写真の作り方

魚眼レンズ風の写真の作り方

フォトショップ
この記事は約 3 分で読めます。

写真の撮り方、見せ方として「おっ!」といった印象を与えるのが、魚眼レンズでの写真。

魚眼レンズとはフィッシュアイレンズとも呼ばれており、中心射影方式とは別の射影方式を採用しているものをいいます。

その仕上がりは、まるで魚の視点から見ているような…
水中で水面を見上げた際、光の屈折率の関係で円形にみえることからこう呼ばれています。

フォトショップで魚眼レンズで撮影したかのような見せ方が可能

フォトショップ(Photoshop)では、普通に撮影した写真を、まるで魚眼レンズで撮影したかのようにみせることができます。

なかなかインパクトも強い仕上がりになりますので、興味を持たせるには効果的です。

フォトショップの「球面」を使う事で、簡単にできるので気軽にできます。

フォトショップを使った実際の方法について

まず使用する写真をフォトショップで開きます。

背景となっていると思いますので、これをレイヤー化します。
そして、「イメージ」メニューの「カンバスサイズ」で幅と高さを正方形になるように整えます。
ピクセルで見るとわかりやすいかもしれませんね。
また、基準位置を変えてみても、また違ってきます。

できたら色調補正で色味を整えます。

「フィルタ」メニューの「変形」、「球面」を選択し、画像をもりあがったような形にします。
「量」は100%、「モード」は標準としておきますが、いろいろといじってみてもおもしろいかもしれませんね。

魚眼レンズ1

「球面」を適用させたら、できた盛り上がりに沿って切り抜きます。

他の間っ平らな部分は消去し、背景に黒く塗りつぶしたレイヤーを配置します。

円形の写真に対して小さ目の円形を選択しコピー&ペースト。

円形の外側が切り取られたような形になるわけですが、それに対してぼかしをかけます。
「フィルタ」メニューの「ぼかし」、「ぼかし(ガウス)」でいい感じになるようになじませます。

魚眼レンズ2

最後に画像を統合して一つにしたら完成です。

この魚眼レンズ風は、写真によってはとても面白い仕上がりとなります。
特に躍動感ある写真に施すとさらに生き生きとした雰囲気に!
人の顔などに施しても面白いですよ♪

\ SNSでシェアしよう! /

インターネット集客・マーケティングサイト【ウォーカーネット】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インターネット集客・マーケティングサイト【ウォーカーネット】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

walker-net運営事務局

walker-net運営事務局

当サイトwalker-net.jpの運営事務局です。インターネット集客やマーケティング・ビジネスに関する情報を更新。

この人が書いた記事

  • 色で悩む

    便利!ウェブページ配色で悩んだ時のカラーツールサイト

  • 仮想通貨取引所

    仮想通貨の取引所・販売所選びはこれを覚えてほしい

  • 仮想通貨・ビットコインの積立投資が凄い!?

  • 仮想通貨の歴史

    仮想通貨・ビットコインの歴史を知っておこう

関連記事

  • プロファイルの指定と変換の違いはなに?

  • まるでメイクをしたよう!素肌が綺麗になる方法

  • フォトショップで昼に撮った写真を夜仕様に変化!

  • うんざりするような単調作業を瞬時に終了させるバッチ処理

  • CameraRaw(カメラロー)ってなんですか?

  • フォトショップで青空に浮かぶ雲…を作ってみよう