MEO対策-マップエンジン最適化

店舗集客とMEO対策の関係性は絶対に知っておこう

スポンサーリンク

店舗集客とMEOの関係
店舗集客・地域集客の方法としてMEO(マップエンジン最適化)が注目されています。
お店や会社などの実店舗では欠かせないインターネット集客方法です。

グーグル公式発表として「お店や企業に対する情報検索のうち、グーグルマップを利用している確率が44%」というデータがあります。
→グーグル情報元ページ

グーグルマップはスマホやPCからからお店を探す・店舗を探すための検索エンジンなんです。

そしてMEO(マップエンジン最適化)とは、グーグルマップからの検索表示を増やす対策です。

まだ「MEOについて詳しく知らない方」は別ページにて説明しています。
別ウィンドウで表示されますので、MEOの基本情報を先に知ってください。
MEOとは?
→ MEOとは?MEOの基本情報

スポンサーリンク

ある店舗のMEO対策の導入事例

MEO対策のビフォーアフター
今回はある店舗のMEO対策の「ビフォーアフター」です。

サイト運営をして間もない店舗ホームページの「何も対策のない状態からMEO対策」を行った結果。

MEO対策してから4か月後

MEO対策を行ってから「約4か月後」の数値です。

閲覧数

閲覧数67 ⇒ 6658 約99倍
検索経由の閲覧数64 ⇒ 2,655 約41倍
マップ経由の検索数3 ⇒ 4,003 約1,334倍

検索数

検索数67 ⇒ 6,397 約95倍
直接13 ⇒ 947 約72倍
間接52 ⇒ 3,495 約67倍

操作数

操作数2 ⇒ 4627 約2313倍
ルートリクエスト1 ⇒ 28  約28倍
ウェブサイトにアクセス1⇒ 26 約26倍
通話0 ⇒ 12 約12倍
写真の閲覧0 ⇒ 4253 約4253倍

グーグルマイビジネスにも登録していない何も対策していない状態からは、ここまで変わります。

地域ネット集客の無料講座のページにはキャプチャ画像を掲載しています。
→ビフォーアフターのキャプチャ画像を確認する。

グーグルマイビジネスのデータには出ませんが、この他にお問い合わせフォームからも新規見込み客からの依頼や質問が増えています。

この店舗は全くMEO対策やグーグルマイビジネスの登録をしていませんでした。
ですので既にグーグルマイビジネスに登録している場合では、ここまで顕著な数値変動はないとは思います。

現在、結果が出ていない場合

ただ思ったような結果が出ていない場合は、当社のMEO対策で集客や売上に変化が出ると確信しています。

ホームページにアクセスが集まれば、実際の売上アップの他にも見込み客のリスト収集も可能です。
SEO対策のように難易度は高くないですし、対策の効果も早く実感できるのがMEO対策の良い点です。

 

早くMEO対策を本格的に行わないとライバルに差をつけられる?

ライバルに差をつけられる?

最近、MEO対策を本格的に行っている店舗や会社がどんどん売上を伸ばしている結果を、自社でも実感していますし、周囲からでもよく見かけます。

やはりどの業界でも、限られた市場の中でいかにに集客を考えているか?がビジネスの鍵になっています。
業界全体の市場が急成長していない限り、A社の売上があがれば、B社の売上は下がっていくものです。
こうして「勝ち組」と「負け組」が生まれます。

成長する店舗の特徴

MEO対策で集客に成功している影で、どんどん集客や売上が減っている店舗や会社があるのも事実。

2極化するネット集客の中で、取り残されないようにMEOについて真剣に考える必要があります。
特に店舗集客ではMEO対策をいつ取り組みか?が分岐点になると思います。

 

店舗集客にMEOがおすすめ出来る理由

MEOにおすすめな理由

まずはMEOがなぜ店舗集客に最適なのか?という点です。

結論からお伝えすれば以下があげられます。

  • コストパフォーマンスが良い。
  • グーグルマップの検索結果の技術の発達。
  • PPC広告のようにお金がかからない。
  • SEO対策より簡単で早い。
  • 本格的に対策している店舗がまだ少ない。

実店舗では他の集客方法よりもMEO対策は、現在とってもおすすめです。
では一つずつ詳細をご説明します。

 

1,ネット集客はコスパが良い

前提としてネット集客は実生活(オフライン)より費用対効果は良いです。

従来のチラシや看板・雑誌や新聞広告や営業よりもインターネット広告・集客の方が費用対効果が高いのは周知の事実。

もちろん広告の出し方やジャンルによって、効果は違う時もあります。
店舗集客でもインターネットを活用した時代が主流になっています。

ネット有料広告よりも費用対効果が良い

そして他のネット広告よりもコストパフォーマンスが良いのがMEOの特徴。

ネット広告にも種類があります。

  • 月額性の有料広告掲載
  • SNS広告(ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなど)
  • アフィリエイト広告(広告主登録)
  • プレスリリース

一般的にチラシや看板、雑誌広告よりはネット系は費用対効果もよく、個人的にもお勧めなネット広告もあります。

しかし当然、これらの広告は広告費用が必要です。

MEO対策はその分、無料で行えます。
無料で対策できて効果が高い所もコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

 

2,スマホやグーグルマップの影響

インターネットはPCよりもスマホで見る事がベーシックになりました。

グーグルも既にモバイルファーストの検索アルゴリズムになっています。
ユーザーへのメディア広告もPCではなくスマホでグーグル検索する事を想定しています。

PCからスマホで閲覧する時代になっている時代に変化に関して。
グーグルマップやスマホ重視の傾向については別ページとしてこちらに掲載しています。
かなり丁寧に書いていますので、チェックしてみてください。
→ グーグルはローカル検索を重視

 

3,PPC広告よりお金がかからない

PPC広告にはリスティング広告やキーワード広告など幾つかの種類があります。

PPC広告の良い点はキーワードを指定して広告出稿出来て、ターゲットを明確に狙い撃ちできる点。
狙撃するようなイメージで、狙い撃ちできるのですが広告費用が必要です。

 

基本的にPPC広告は費用が必要

しかし当然、PPC広告は有料です。クリック数×費用が必要。

そしてPPC広告は、有料出稿した後にきちんと広告費用とコンバージョン管理をして日々調整していかないと「売上はあがるけど利益が残らない状態」を生みます。
売上は伸びているはずなのに手元にお金が残らない可能性がありますよね。

しかもクリック単価も高騰の一途。
既にスタンダードな有料広告なのでライバルが多いです。

ですのでPPC広告はしっかり運営ノウハウを持っていないと大変です。

 

MEOはその点、グーグルマイビジネスの登録や運用は無料です。

※もし初期投資で必要なのはストリートビューの外部発注くらいです。
(もちろん自身で行えば完全無料)

MEO対策そのものを外部依頼すれば話は変わりますが、MEO対策の実際の行動に基本的にお金は不要。
当然、ランニングコストも不要です。
お金がかからないのに効果は高いというのがMEOのメリットです。

 

4,SEO対策よりも早く簡単に成果がでる

SEO対策も実店舗サイトやブログなどを運営していく中で、ターゲットキーワードで上位表示を行えば費用対効果の高い集客が可能になります。
個人的にはSEO対策もする必要があると考えています。

しかし上位表示には時間がかかります。

よほど評価の高いドメイン(サイト)ではない限り、新規に作ったページが上位表示するまでは数か月はかかります。
やはりSEO対策には難易度が高く、しかも時間がかかるという難点があります。

また上位表示するためにノウハウを知っていないと、アクセスを集められません。
ノウハウを知らないと上位表示そのものが出来ないのがSEO。

 

しかしMEO対策はSEOほど難しくありません。

理由として通常の検索アルゴリズムよりマップ検索エンジンの方がまだ未成熟のためです。
対策項目も少なく、難易度の高い対策も少ないです。

以上の理由から、SEO対策よりは簡単でしかも早く成果が出ます。

 

5,MEO対策に本格的に参入している店舗はまだ少ない

グーグルマップの歴史は検索エンジンより浅いです。

グーグルマップ検索が一昔前は、検索ニーズに対して正しい情報を表示できませんでした。
しかし近年のヴェニスアップデートの進化により、グーグルマップが充実してきました。

※ヴェニスアップデートについてはこちらで解説。 
ヴェニスアップデートがMEO対策を可能にした?

グーグルマップからの集客が凄いという事に気が付いた店舗だけが集客数を倍増している現状です。

ですので自分から情報を探しにいかない人でない限り、まだ多くの店舗はまだグーグルマイビジネス登録もしていません。
SEOは知っていてもMEOという言葉を知らない状態です。

ですのでライバルが少ない今がチャンスだと思っています。

 

どんな店舗や会社がMEO対策を行った方が良いのか?

どんな店舗や会社がMEO対策した方がよい?

いわゆる実店舗として存在する会社や店舗です。
また個人事業や地元で活動している団体やタレントなども最適です。

  • 特定の地域を対象にしているサービス
  • 地元から新規顧客を獲得したい

こんな店舗の方にMEOは最適です。

MEO対策を行った方が良い実店舗一覧

以下に該当する職種・店舗の方におすすめです。

サロンエステサロン・リラクゼーションサロン
アロマサロン・ネイルサロン・美容室・理容店・育毛サロンなど
医療系・治療院歯科・各科医院・美容外科
整骨院・鍼灸院・訪問介護・各科クリニックなど
飲食店レストラン・居酒屋・バー・屋台
各飲食店・カフェ(和食・洋食・中華・ラーメンその他全般)など
店舗買取店・リサイクルショップ・アパレル店・雑貨店・花屋
ホテル・旅館・民泊・靴、カバン、洋服修理店・クリーニング店の各種販売店など
資格・学習英会話教室・学習塾
家庭教師・翻訳事業・各種スクールなど
生活宅建・不動産業・リフォーム業
トレーニングジム・清掃業者・クリーニング・各種代行など
その他各種、地元の新規のお客様契約
獲得する業種全般。足を使って顧客獲得する業種全般。

実店舗以外でもMEO対策を行った方が良い職種

そして実店舗以外でも、地元や地域で活動している職種にもMEO対策は有効です。

士業弁護士・行政書士・司法書士・公認会計士
税理士・不動産鑑定士・社会保険労務士・中小企業診断士など
ウェブ関連ウェブ制作・デザイナー
エンジニア・プログラマー・パソコン教室など
コンサルタントビジネスコンサルタント・コーチング・カウンセラー
コーディネーター・アドバイザー・ウェブ集客代行など
その他カメラマン・ミュージシャン・タレント・支援団体・NPOなど。
同じく足を使って顧客獲得する業種全般。

 

集客に困っている方こそMEO対策は行いましょう

特に以下に該当する場合は、すぐにMEO対策を始めた方がよいでしょう。

  • 新規顧客の獲得がうまくいっていない
  • 売上が下がっている
  • 赤字を出してしまう月もある
  • 来店数が減っている
  • いろいろな広告を試したが、費用対効果が良くなかった
  • 低コストで広告を運用していきたい
  • ネットをもっと活用したい

常連さんが離れないことも大事ですが、新しいお客さんの獲得も重要です!

スポンサーリンク

----

 

店舗集客とMEO対策のメリットまとめ

まとめ

実店舗のネット集客にはMEO対策を行うべきメリットのまとめは以下になります。

  • マップ検索と連動しているため店舗検索に最適
  • スマホユーザーとの相性が良い
  • PPC広告・有料広告のようにお金がかからない
  • SEO対策より簡単で結果も早い
  • 本格的に参入しているライバルが少ない

集客の広告費用もかからなくSEO対策より簡単で結果が早い。
これ以上の結論はありません。
 

実店舗事業を行っていてMEO対策をしていない店舗や会社は今すぐに対策をしましょう。

まだグーグルマイビジネスに登録をしていない方。
まずはグーグルマイビジネスの登録から始めてみてはいかがでしょうか?

 

既にグーグルマイビジネスに登録済の方

地域・地元を対象にした新規顧客獲得についての無料講座もあります。
※実際の店舗のビフォーアフターのキャプチャ画像も掲載しています。
興味のある方は見てください。
→ 地域・地元からネット集客する3step口座

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

宮武大輔

ウォーカーネット運営責任者。株式会社フルスペック代表取締役。2012年にSEO・WEB集客・サイトアフィリエイトで起業。現在も複数メディアサイト運営&SEO・MEO対策、ネット集客、マーケティング受注やコンサルティングしている。 詳しくはこちらをクリック→宮武のネット集客・マーケティング配信

-MEO対策-マップエンジン最適化

© 2021 ウォーカーネット