MEO対策-マップエンジン最適化

グーグルマップの上位表示される仕組みと対策

投稿日:

グーグルマップ上位表示
グーグルマップの検索結果で上位表示される要因としては、関連性、距離、知名度をアルゴリズムによって検索順位を最適化して表示する仕組みになっています。

グーグルマップ順位決定の要素

  • 関連性
  • 距離
  • 知名度

グーグルマイビジネス公式から3つの要素が関連していると発表されています。

引用 グーグルマイビジネスヘルプページ
グーグル のローカル検索結果の掲載順位を改善する

また発表されている情報の注目すべき点として、近くのビジネスや店舗よりも検索ニーズに合致していれば、遠くにあるビジネスや店舗でも上位表示される場合があるという事です。


MEO対策の基本を理解して、最適化を行う事をお勧めします。
ではグーグルマップの上位表示する要素と対策についてご紹介します。

 

関連性がやはり重要

グーグルマップの関連性
まずは「関連性」です。

検索キーワードとビジネス内容が関連している事。
充実したビジネス内容を掲載しておくと、ビジネスについてさらに的確な情報提供ができ、関連性を高める事が出来ます。

「ユーザーが知りたいこと=検索キーワード」
関連性に関しては従来の検索エンジンと構造が似ています。

基本としては「渋谷道玄坂 ラーメン」と検索すると、当然ラーメン屋さんが検索結果に出ます。
検索結果にイタリアンやスーパーや喫茶店は出ませんという考え方です。

ユーザーが知りたいキーワード(店舗や企業)に対して、検索アルゴリズムがグーグルマイビジネスに登録している基本、更新情報や口コミ、写真などのデータから自動判定して表示させています。

SEO(検索エンジン最適化)と同じ発想で、検索キーワードとの関連性に中心を考えて良いと思います。
 

ただグーグルマップはよりお店や企業に特化した検索エンジン

検索した人のニーズが満たせるような情報が主体となります。
いかに関連情報=ロングテールキーワードの検索結果で表示できるかが対策になります。

宮武
単純に地域名×ラーメンという単純キーワードではなく、「味噌ラーメン」「大盛無料」「ランチ」「深夜営業」「喫煙」「駐車場あり」などの関連性をいかに出せるかがカギです。

 

距離が順位に関係する

グーグルマップの距離
そして「距離」です。

検索キーワードを打ち込んだ場所から、近くにあるお店や企業が表示されます。
ヴェニスアップデートと言われるもので、グーグルの検索アルゴリズムの一つです。
検索しているユーザーさんの現在位置情報をベースとして距離が計算される仕組みです。

従来の検索エンジンとは違い、マップ情報としての注目ポイントです。
※ヴェニスアップデートの仕組みについては下記ページで詳しくお伝えしています。
⇒ヴェニスアップデートの説明ページ

 

検索した場所を起点にして探している

お店や会社、個人活動している方も含めて検索ユーザーは、「今いる場所から近いところを探している」ということですね。

飲食店やお店であれば、検索した場所から近いエリアが対象。
企業や個人活動で言えば、検索したエリアの中から良い会社や個人を探したいという対象です。

宮武
距離というのは決して「今からご飯を食べたい」とか「近くに病院があるか」ということだけではなく、 検索した瞬間ではない、中長期的な視野で「対象となる地域で評判の良いところはないか」探していることも含まれます。

 

そして知名度が影響します

グーグルマップの知名度
最後に「知名度」です。

どれだけお店やビジネスが世間に広まっているか?の対象になります。
検索結果として、どれだけインターネット上にお店やビジネス情報があり、世間の中で話題になっているかという部分です。
これにはネット上の外部リンクやコンテンツ記事と一緒に、口コミや検索結果の順位も関係します。
もちろん一般検索結果で上位表示されていたり、良い口コミが多い場合はグーグルマップでも上位表示をします。

 
知名度に関してのポイントは二つ。

一つはSEOと関連していること

グーグル公式ページで公表している検索エンジンと連動しているのは間違いありません。
従来の検索エンジンのEAT要素、インターネット上の情報コンテンツや外部リンク、SNS情報も含めてSEO対策がそのままグーグルマップ対策にもなります。

※特にEATの重要性はMEO対策にも関わってきますので、正しい知識を入れておく事をお勧めします。
⇒E-A-TとSEOの関係性について

 

もう一つはグーグルマップの口コミ・評価

グーグルマイビジネスの活用において、特に口コミをいかに多くもらうか?良い評価を多くもらうか?も知名度に繋がっています。

スポンサードリンク

「全く無名な店舗や会社は誰も噂しない」と一緒です。
いかにインターネット上で多くお店や会社が話題になっているかが知名度を上げるポイントになります。

 

グーグルマップ上位表示の実際の対策事項

グーグルマップの上位表示対策
改善方法としてはグーグル公式ページに掲載されていますが、まずは基本的対策はきちんとしましょう。

5つの基本対策

  • グーグルマイビジネスのデータを入力する
  • ビジネスオーナーの確認
  • 営業時間やお店会社情報を入れる
  • 口コミの管理と対応
  • お店情報やサービス写真の掲載

まずはこの5つの項目を地道に行っていく事から始めます。

 

グーグルマイビジネス情報の全てのデータを入力する

検索結果はグーグルにあるデータベース情報から、アルゴリズムによって自動的に評価・順位がつけられます。
その際にデータはできるだけ多い方が良いという事は基本です。

少ないデータでは、アルゴリズムの自動判定する材料が少ないということで、ロングテールのキーワードが拾えません。

データは多い方が良い

情報が多い方がアルゴリズムから評価基準や項目も多くなるより評価対象が増え、さまざまなロングテールキーワードの検索結果が増えていきます。

(もちろん良い情報、正しい情報、有益な情報が基本になります。)

 

ビジネスオーナーの確認を行うこと

こちらも最低限の対応です。
グーグルマイビジネスではビジネスオーナー設定が確認がされていること。

本人確認のない正しくない情報をグーグルマップに表示するわけにもいかないので、 グーグルがきちんとビジネスオーナーの認識をしていることが大事です。
まだグーグルマイビジネスに登録していない場合は、すぐに設定しましょう。
登録方法はこちらに掲載↓

 

営業時間やお店会社情報をきちんと入れる

お店情報や営業時間は特に大事です。

特に飲食店や一般の店舗では、近くにあるお店を探すので「今から行ってみよう」という感覚で検索することが多いです。
検索した瞬間に情報が欲しかったりします。

その際に店舗情報が詳しい方が親切です。

ユーザーに親切に

例えばグーグルマップで検索して「いざお店に行ってみたら店が閉まっていた」ことがないように営業時間などは表示して方が良いと思います。

ユーザーニーズを考えた時にきちんと営業時間を表示しているお店を上位表示にする傾向が想定されます。
あとは駐車場、喫煙、席数や個室の有無などや予約制、支払方法の種類など店舗に関しては特に詳細情報がある方が親切です。

 

口コミの管理と対応をきちんとすること

口コミは大事です。ユーザーの口コミは生の声です。
しっかりそのお店が丁寧な対応しているか、お客様の管理をしているかが見られます。

口コミを増やしていこう

口コミを増やす事と丁寧な対応することによって、グーグルのデータベースが増えていき、さまざまなキーワードで検索順位が上がりやすくなります。

またグーグルマイビジネスを活用していると順位にも影響しています。

 

お店情報やサービスが分かる写真を追加していくこと

従来の検索エンジンではなくマップ検索エンジンは、お店情報やサービス内容などが写真や動画で見えるとユーザーさんもイメージしやすいです。

映像を重視

特にグーグルマップは店舗情報や内装、サービス内容などを写真で見られることを重視しています。

写真や動画の種類が多いと、ユーザーもイメージしやすく同時にグーグルの評価も上がってきます。

 

まとめ

まとめ
このページではグーグルマップの検索結果に上位表示に関係のある項目と対策についてまとめました。
検索結果には3つの要素が関わっています。

グーグルマップ上位表示の3つの要素

  • 関連性
  • 距離
  • 知名度

そして掲載順位の対策としてはまず5つの項目を行っていきましょう。

上位表示のために行う5つの対策方法

  • グーグルマイビジネス情報の全てのデータを入力する
  • ビジネスオーナーの確認を行う
  • 営業時間やお店会社情報をきちんと入れる
  • 口コミの管理と対応をきちんとする
  • お店情報やサービスが分かる写真を追加していく

あとはデータ解析しながら、最適化していく事が重要です。

現在のグーグルは裏技を探すのではなく、正攻法を地道に行っていく事が近道だったりします。

宮武
遠くの店舗でも上位表示の可能性がある。
MEO対策を行えば、より自社を多く表示させる事が可能なところにチャンスがあります。

継続的に取り組んでみましょう!
 

MEO関連ページ

 

5つの対策項目以外のグーグルマップ上位表示の対策方法やノウハウは、メルマガで定期的に公開。
ネット集客やマーケティングなどの有益情報を配信しています。

メルマガ登録はこちらから

⇒宮武ネット集客・マーケティング通信

 

  • この記事を書いた人

宮武大輔

ウォーカーネット運営責任者。株式会社フルスペック代表取締役。2012年にSEO・WEB集客・サイトアフィリエイトで起業。現在も複数メディアサイト運営&SEO・MEO対策、ネット集客、マーケティング受注やコンサルティングしている。 詳しくはこちらをクリック→宮武のネット集客・マーケティング配信

-MEO対策-マップエンジン最適化

Copyright© ウォーカーネット , 2019 All Rights Reserved.