マーケティング・集客

2019年のサイト・ブログ戦略についての考え方

投稿日:

2019年のサイト・ブログ戦略
検索エンジンの動向も風向きが変わってきて、2019年3月のコアアップデートあり、検索エンジン集客はどうなってしまうのか?
Googleやヤフーの検索エンジンからアクセスを集めたいという方に読んでいただきたいかも。

ウェブサイトやブログ運営において、2019年からどうやって集客対策を考えていけば良いのか?
考えられる課題と考え方についてまとめました。

 

EATの存在とブランディング対策

グーグルが公言しているYMYLとEAT。

この方針は今後さらに強くなっていくと思います。

近い将来、EATの見えないサイトにはページの質とか関係なくフィルターがかかってしまうイメージです。
「どんな情報が書いてある?」ではなく「誰が書いているの?」という事ですよね。

宮武
個人的にはEATはサイテーションにつながっていると思っています。
注目ページ

SEO対策で重要なサイテーションも覚えておきましょう。 
⇒サイテーションはなぜ重要なのか?

当然、その世界で権威のある有名な人が運営するのがベスト。

でもそういう人ばかりではないですし、無名だけどインターネットから情報発信を始めて、ネットを中心に有名になっていく事もあります。
というか有名になっていく工程はネットからリアルの順番だと思います。

だから権威のある人以外でも、どんどん参入していっても良いと思います。

アフィリエイターは必見

 EATについてはかなり詳しく書きましたので下記ページから参照してください。
 ⇒EATとSEO対策について

 

記事の重複コンテンツとテーマとの一致

特に重複コンテンツはポイント

2019年の3月のコアアップデートも含め、2017年を境に全体的なアクセスが下がってきている場合の多くは、重複コンテンツとターゲットキーワードとコンテンツ内容のマッチ度があると思っています。

サイト内に同じようなテーマやターゲットキーワードがページ単位で重複。
またページ単位ではなく小見出し単位で、同じような内容を複数のページに掲載している場合。

どちらか順位が上がってこない。⇒アクセスの取れないページの保有⇒サイト(ドメイン評価)も下がる。

もしくはこのパターン。

両方とも順位が上がらず、ドメイン評価が上がらない。

 
記事の重複コンテンツとテーマとの一致対策が必要になるんです。

  • 同じような内容が複数ページに重複していないか?
  • その上でテーマ(ターゲットキーワード)に沿っているか?
  • 不要な文章が入っていないか?

特にSEO的に不要な文章が多いとページの文字数は多くてボリュームの多いページに見えるんですが、内容は薄くなってしまうんですよね。
アクセスが減っているサイトやブログの傾向としては「重複」「テーマに関係ない内容の割合が多い」です。

 

被リンク対策の考える部分

同時に被リンク対策も必要です。
以前のような「中古ドメインを買って適当な記事でサイトを作って、自作自演リンク」ではなく、ある程度、EATのある所からリンクをもらう。

ポイント

もし自作自演する場合、自分の運営サイトやブログが複数ある場合は、しっかりクリックしてくれる構造を作ってアクセス供給を促すリンクビルディングをするという事です。

いかにクリックさせるリンクビルディングを構築できるかです。

 

宮武
私は現在は中古ドメインサイトから購入して、自作自演していくスタイルは行っておりません。
外れドメインも多いし、例え成功しても寿命が短いと費用対効果が良くないと思ってしまうので。

真っ黒な考え方を除けばまずは内部リンク構造をしっかり作り、内的SEO対策をきっちり行ってから最後に外部被リンク対策で良いと思います。

 

SNS連動にて複合的な集客経路を確保する

先ほどのEATを考えた際に、どうしてもSNSの存在が大きくなってきます。
Twitter、Instagram、Facebookなどの有名SNSは活用できます。

やっぱりSNS流入はアクセスアップにつながります。
自分ではないSNSからの紹介やタイムライン、リツイート拡散などはSEO評価も上がります。

宮武
特に検索エンジンの上位表示やアクセスアップ対策の難易度が上がってきたので、個人的にはサイトやブログを自分のプラットフォーム(基盤)と考えて、複数の集客経路を確保する対策はやったほうが良いかなと考えます。

 

EAT、サイテーションにつながります

そうなると「誰が発信しているの?」

運営元が誰なのか?が重要になってきます。
サイテーションにもつがなりますしね。

アフィリエイト広告でも販売やサービス展開でも、サイトやブログでしっかりと待ち構え、SNSから集客していく考え方も取り入れて良いかと思います。
個人的には集客経路の複数確保を考える事をお勧めします。

 

一つのプラットフォームに依存するのはやっぱり危険。

私の検索エンジンのアップデートには何度も泣かされてきました。
アフィリエイトも以前のように費用対効果が悪くなってきたので、量産しながらサイトを増やしていくのも大変です。

スポンサードリンク
  • まだ匿名サイトやブログでも稼げます
  • まだオールドドメインも使えます
  • まだペラサイトでも上位表示できます

検索アルゴリズムは相対評価なので、検索キーワードのライバルの弱い部分を狙っていけば、上位表示もできますし収益もあがります。

ただ「まだ」という部分です。

参入している人は費用対効果が悪くなっているのは実感していると思います。
ITP問題もあり、状況はどんどん厳しくなってきています。

宮武
現時点ではどれも否定はしませんが「まだ」通用しますという認識でいます。

 

YouTube・動画の集客の時代が本格化

実は私は、匿名アカウントでYouTube動画を始めています。
匿名なのでここでは公表しません。

歴は浅いのですが、いざ初めてみると手ごたえを感じています。
「これやり続けていたら、結構いいぞ」って思っています。
アカウントが強くなってきたときに、結構期待しちゃっています。

宮武
本当は2,3年前に始めていたらよかったなって思っています。
すでに遅いという人もいますが、今からでも大丈夫。

同業の人に聞いても情報検索してみても、多分サイトやブログよりも費用対効果が良いです。

 
今後は複数のチャンネルを開設する予定で、このサイト、ウォーカーネットの公式チャンネルも開設予定です。

宮武
界隈を見て思ったのは、昔のサイトアフィリエイトの全盛期の勢いを動画に感じています。

俗にいう成長期。

参入時期ってありますよね。

検索エンジンは成長期から成熟期へ。
動画の世界は成長期真っただ中。

成熟期への転換期は大手参入と規制です。

宮武
私がまったくパソコンを触ったことのないレベルの超初心者で、医療従事者として働きながら、1日に3~4時間と休日の副業としてサイトアフィリエイトを始めて、2年目で給料の何倍もの収益を上げて独立・法人化できたか?
それは自分の力ではなく、業界が盛り上がっていたからなんです。

サイトアフィリエイトの参入時期が良かったから。
なので専門的なスキルは知識が一切ないなか、愚直にサイトを作り続けただけで時代が後押ししてくれました。

時代の流れにしっかりのっていく。
この考え方は結構大事です。

ポイント

ウェブ集客の世界は「文字テキスト」⇒「動画・映像・音声」が主役になりそうです。

特に5Gになったら、一般人も実感すると思います。

 

動画検索エンジンの考え方・攻略は一緒

そして検索エンジンの考え方は一緒です。

キーワード検索、関連性、更新頻度、コンテンツの質。
このグーグルアルゴリズム、SEO対策の考え方がそのまま今後、動画のアルゴリズムに入って来るでしょう。

私は2009年にサイトアフィリエイト・SEO対策を本格的に始めてきて、現在まで業界の動向・アルゴリズムの進化を観察してきました。
安いコンテンツスパム⇒相互リンク・自作自演リンク⇒更新頻度・コンテンツSEO⇒そしてEAT。
この流れがきっとYouTubeにも同じように起こっていくはずです。

YouTubeの動画集客の流れ・押さえていくポイントはSEOサイト(ブログ)の考え方と一緒だったりします。

 

今、言われているのはこんなものです。

しかも結構昔のSEOの考え方。

  • 毎日更新しましょう
  • チャンネルのテーマを決めて統一感を出しましょう
  • ジャンルの選定を行ってライバルチェックをしましょう
  • タイトルにキーワードを入れましょう
  • タグ設定しましょう

あとは動画の内容のコンテンツ勝負になります。

YouTubeではテキストスクロール動画の収益無効化の規制、アドセンスのアカウント登録が難しくなっているレベルです。
昔のSEOの世界では自動サイト生成ツールや、リンク増殖ツールが厳しくなったよー。な時代くらいですかね。

動画編集のスキルは必要ですが、iPhone撮影と編集アプリでも可能になったり参入難易度が下がってますよね。
と同時にライバルが増えてきている段階です。

 

宮武
ライバルは増えていますが、それ以上に市場とニーズが増えていくと思っています。

ここでしっかりとSEOの業界で得た知識と経験をいかし、アルゴリズムに合わせた設定で数年後も生きるスタイルで行っていくと未来は明るいです。
SEOの経験を元に先回りした動画展開を行っていけば良いので。

タグはキーワードなどは考えますが、SEOに詳しくない人は「被リンクって何?」というレベルですから。
ウェブで行ったSEOはきっと動画SEOでも使えます。リンク対策などもできそうです。

ウェブサイトやブログを軸として動画集客⇒サイト誘導が良いと思います。

私が発行しているメルマガでは、SEO/ネット集客・マーケティングのほかにも動画に関する情報を公開。
サイトには掲載しない内容で不定期ですが、発行していますので。

⇒宮武メルマガ・プロフィールページはこちらから

 

まとめ ネット集客は転換期を迎えたかも

2019年サイト・ブログ戦略まとめ
インターネットは本格的な転換期を迎えたかもしれません。

検索エンジンから集客する場合、SEO対策としてはEAT対策をしっかり考え、生き残っていくこと。
コンテンツ対策は、テーマ(キーワード)の重複、コンテンツの重複をなるべく減らしましょう。

あとは基本的な更新頻度やコンテンツの質などは一定の質を保ち、検索エンジン以外の集客経路を確保しながら複合的な対策をお勧めします。
そして時代に流れにのるなら動画集客もお勧めです。

特にサイトやブログ、SEOをやってきた人は今までの経験とノウハウを動画SEOで生かせます。
一般人よりアドバンテージがありますので。

ということで2019年のこれからのサイト・ブログ戦略についての考え方でした。

 


 
  • この記事を書いた人

宮武大輔

ウォーカーネット運営責任者。株式会社フルスペック代表取締役。2012年にSEO・WEB集客・サイトアフィリエイトで起業。現在も複数メディアサイト運営&SEO・MEO対策、ネット集客、マーケティング受注やコンサルティングしている。 詳しくはこちらをクリック→宮武のネット集客・マーケティング配信

-マーケティング・集客

Copyright© ウォーカーネット , 2019 All Rights Reserved.