1. TOP
  2. ウェブサイトの記事コンテンツの勘違い著作権について知っておきたい事

ウェブサイトの記事コンテンツの勘違い著作権について知っておきたい事

法律関係
この記事は約 3 分で読めます。

ブログ記事の内容が、他人に勝手に利用されている!著作権侵害だ!


著作権は、かなり複雑な権利で、誤解されていることも多々あります。
ここでは、よくある誤り2つについて、Q&Aでご説明しましょう。

Q アイデアや情報は、著作権では保護できない?

著作権の画期的な発明私は、画期的な発明をしたので、その内容を文章に書いて、ブログに載せました。すると、しばらくして、それを利用した製品が作られたくさんの業者が勝手に販売しています。
著作権をもとに、販売差し止めや損害賠償請求をしたいのですが、できますか。

Aできません。
著作権は、アイデアや情報を保護するものではないからです。
あくまでも、著作権は、表現を保護する権利。
アイデアや情報を、どのような形で外に出すかが問題で、アイデアや情報自体は対象としていません。
今回の場合、あなたは、アイデアを文章の形にしただけで、製品の形にはしていません。

あなたの文章自体が盗用されたのなら、著作権侵害になるのですが、製品という表現にしたのは他人です。
つまり、製品は他人の表現物なので、あなたの文章とは別物。あなたに著作権はないのです。

もし、あなたがアイデアを勝手に使われたくないなら、ブログのような公開されるものに投稿すべきではなかったのです。
特許権を取るか、信用できる製造業者と守秘義務契約を結んでから、開示するようにしましょう。

Q コピペ後、一部を修正だけでも、著作権侵害になることがある?

hatena_m_grn他人の文章をまるまるコピペすると、著作権侵害になることは知っていました。
だから、コピペ後、接続詞などをちょっといじって、ブログに載せたのですが、それでも著作権侵害だと言われてしまいました。
全く同じでなくても、侵害になるのですか?
どの程度変えたら、よいのでしょうか。?

A もとの文章と比較して、この文章から作ったことが簡単にわかるようなら、著作権侵害になる可能性が高いです。
著作権は、独創的な表現を作り出す努力を重視して、それを保護するためのものです。
全く同一でなくても、もとの表現をちょっと変えた程度なら、自分独自の表現を作り出したとはいえませんね。

だから、もとの表現と並べても、それをもとに作ったかどうかわからないくらいにしないと、独自の表現とはいえないのです。

ただ、似ている、似ていないの区別は曖昧で、人によっても評価が異なります。
法律問題の素人判断は禁物なので、弁護士などの専門家に相談なさることをおすすめします。

これから他人の著作物を参考にする場合は、誰が見ても似ているなどと言われないくらい、別の表現になるように工夫してくださいね。

誤解が生じやすい、著作権。
専門書やセミナーなどを利用して、正しい知識を得るよう心がけましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

インターネット集客・マーケティングサイト【ウォーカーネット】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

インターネット集客・マーケティングサイト【ウォーカーネット】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

walker-net運営事務局

walker-net運営事務局

当サイトwalker-net.jpの運営事務局です。インターネット集客やマーケティング・ビジネスに関する情報を更新。

この人が書いた記事

  • 色で悩む

    便利!ウェブページ配色で悩んだ時のカラーツールサイト

  • 仮想通貨取引所

    仮想通貨の取引所・販売所選びはこれを覚えてほしい

  • 仮想通貨・ビットコインの積立投資が凄い!?

  • 仮想通貨の歴史

    仮想通貨・ビットコインの歴史を知っておこう

関連記事

  • 個人情報?表現の自由?他人の話はどこまで掲載OKか?

  • ウェブ掲載はどこまでOK?商業目的と引用に関わる著作権問題

  • 知らなかったではすまない!写真やイラストなどの「著作権フリー」の意味

  • 著作権契約を交わすときに覚えておかなければいけない事

  • お店情報は許可を得ていない場合ウェブにどこまで紹介してよい?

  • クリエイティブ・コモンズ…ってなんですか?著作権に関係?