イラストレーター

イラストレーターで鏡面反射する文字の作り方

投稿日:2016年8月19日 更新日:

スポンサーリンク

-------

まるで水面に浮かんでいるような印象を与える、鏡面反射の文字。
クールでスタイリッシュなデザインにしたい時にはぴったりですね。
特にアイコン作成時に活用できるものではないでしょうか。

意外と簡単に作れる鏡面反射の文字

この鏡面反射の文字は、その作成が一見難しそうにみえますが、これが意外と簡単♪

馴れると数分でできてしまうのですから、是非ともアイコンつくりなどに活用してもらいたいものです。
シンプルながらも思わずぽちっと押してみたくなるようなアイコンとなります。

スポンサーリンク

----

実際に¥のアイコンの作り方

では鏡面反射を使ったアイコンの作り方です。

まずは土台となる背景を作ります。

角マルの長方形でグラデーションをかけています。

使用する文字(今回は「Anchor Jack」のフォントを使用)を作成します。

練習用として「Mail form」とします。
それを最初につくった土台に乗せます。

テキストの下にコピーを配置したいわけですが、右クリックして表示されるメニューから選んで行います。

その方がきれいで正確に配置することができます。

「変形」の「リフレクト」を選択し、表示されたパネルにある「リフレクトの軸」は水平にして、「OK」ではなく「コピー」を選択。
テキストがコピーされるのと同時にひっくり返った位置に配置されます。

ちなみに「オブジェクト」メニューにも「変形」、「リフレクト」があります。
これで鏡文字はできました。
鏡面反射する文字の作り方1

アウトライン化させる

次にリフレクトしたテキストを選択し、アウトライン化させます。

マウスを右クリックして「アウトラインを作成」でもいいですし、「書式」メニューの「アウトラインを作成」でもできます。

アウトライン化したテキストの上に、グラデーションをかけた四角形をかぶせます。
四角形のグラデーションは、下に行く程濃くなるようにするといいです。

鏡面反射する文字の作り方2

スポンサーリンク

-------

形状エリアを交差適用

「ウィンドウ」メニューの「パスファインダ」を表示し、アウトライン化したテキストと先ほどかぶせた四角形を選択して、パネルにある「形状エリアを交差(上段の左から3番目)」を適用させます。

これで完成です。

後はバランスをみて大きさを調整。
鏡文字部分は同じ高さではなく、細くしてもいいですね。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

walker-net運営事務局

当サイトwalker-net.jpの運営事務局です。株式会社フルスペックとして2012年よりSEO対策・WEB集客を中心に活動。SEO/MEO/インターネット集客やマーケティング・ビジネスに関する情報を更新しています。 

-イラストレーター

Copyright© ウォーカーネット , 2019 All Rights Reserved.