イラストレーター

イラストレーターで表作成してみよう

投稿日:

エクセルやワード、パワーポイントなどでもお馴染の表。
イラストレーターでも簡単に作ることができますが、表を挿入するようなボタンはありませんので、自分が知っているツールを使って作成します。

表を作る上で時間がもったいない

1本の棒を何本もきっちりとつなげていく人もいれば、小技を駆逐してささっと簡単・きれいに作成してしまう人まで…実にさまざまです。

前者の場合ですと、幅が狭すぎたり広かったりしたときの訂正がいちいちあり…なかなか面倒です。
2~3行ほどの簡単な表でも「めんどいなぁ…」なんて感じる事が多いのですから、それが5行や7行とも数が増えるとお手上げです。
表のバランスをとるのでいっぱいいっぱいとなってしまって…これじゃ時間がもったいないことこの上ないです。

実際の作り方

もしそんな面倒な方法での表作成をやっているのであれば、もうそれは止めにしましょう。

もっと時間も短く、簡単に作成する方法があるのです。

人によってやり方もいろいろとあると思いますが、ここでは段組設定を使って表を作成してみます。

まず四角形を作成します

大きさは作りたい大体の大きさをイメージして設定します。

段組設定を選択する

次に「オブジェクト」メニューにある「パス」、「段組設定」を選択。
表示されるパレットでは、段落や高さ、段の間隔、合計などが縦と横(もしくは行と列)それぞれに設定できるようになっています。
とりあえず、3行5列で設定してみます。

スポンサードリンク

この時段の間隔が「0」になっていないと、一つ一つのマスの間に道が出来てしまいますので注意!

逆に言えば、すべてを等間隔に独立させたいのであれば、段の間隔に希望する数字をいれておきます。

表作成

マスが独立しているのがメリット

これで完成なのですが、「段組設定」にはまだ他にも便利なポイントがあります。

なんと、一つ一つのマスが独立しているのです。

個別に選択して色を変えたりすることができるんですね。

表作成2

簡単にさくっとできてしまう表作成。

棒と棒をせっせとつなげているよりもきれいで確実な表をつくることができます。

時間もかからず簡単。
一度使うともう病み付きなってしまうほど便利ですので、機会があれば是非とも使ってみてください♪

  • この記事を書いた人

walker-net運営事務局

当サイトwalker-net.jpの運営事務局です。株式会社フルスペックとして2012年よりSEO対策・WEB集客を中心に活動。SEO/MEO/インターネット集客やマーケティング・ビジネスに関する情報を更新しています。 

-イラストレーター

Copyright© ウォーカーネット , 2019 All Rights Reserved.